おしゃれなキャンドルを手作りしたい!キャンドルを作ろう!

キャンドルのアロマと癒し効果がすごい!

キャンドルは昔から癒しグッツという根強い人気があります。キャンドルの灯りのゆらめきには「1/fゆらぎ」と呼ばれる効果があり、鼓動と同じリズムだからリラックス効果が高いらしいのです。また、好きな香りのアロマが入ったキャンドルをつ使用することでその効果はより高まります。

キャンドルを手作りしたい!

実はお洒落なキャンドルは簡単に自宅で作ることができます!しかも材料を全て100円ショップで揃えることができます。 必要なのは、ろうそく・クレヨン・紙コップ・アロマオイル・鍋・割り箸・はさみです。色はクレヨンを溶かして、香りはアロマオイルでつけてオリジナルのろうそくを楽しむことができます! 1.ろうそくを刻む。色をつけるため、クレヨンも少しだけ刻む。 2.ろうそくを鍋にいれ湯煎し、溶かす。ろうそくの芯はとっておく。 3.紙コップに芯を伸ばして、割り箸で固定する 4.とかしたろうそくにクレヨンとアロマオイルを入れてまぜる 5.紙コップに流し入れ、固める 6.紙コップを切ってはがし、芯をカットして完成 色の付け方や混ぜ方によって、手軽に可愛いが作ることができますので、自分でオリジナルのアロマキャンドルを作ってみてはいかがでしょうか?

もっとおしゃれなキャンドルを作りたい方はスクールがおすすめ!

キャンドルのサイズは色々ありますし、形もアレンジも様々あります。もはや、アートの世界です。 思いどおりのキャンドルをつくるためには、たくさんの種類あるワックスの性質や温度、基本作り方などを詳しく知る必要があります。そのため、キャンドルスクールやスタジオなどの教室で技術を知ることで、よりクオリティの高いキャンドルの作り方を知ることができます。 キャンドルスクールを探すにはインターネットで口コミやランキングなどを見て、評判の良い所や値段を比較していくことをお勧めします。単発で参加できるコースや、体験レッスンなどもあるので、まずは参加してみるのも良いかもしれません。自分で自宅でも作れるようになるには、コースで何回か通うものを選択することをおすすめします。最近は、ドライフラワーなどを使ったボタニカルデザインのものや、ウェディングに利用できるものなどが特に人気があります。

キャンドルづくりを自分でできるようになったら、資格もおすすめ!

あまり有名な資格ではないですが、キャンドルにも資格や検定があります。その中でも日本では、キャンドルデザインマスターとキャンドルアドバイザーという資格が人気があり、キャンドルが好きで趣味で勉強してみたい!というかたはもちろん、キャンドルの仕事をできるようになりたい!という方におすすめの資格検定です。こちらはキャンドルの制作に関する基礎知識からテクニックまでを学ぶ必要があるので、通信教育や通信講座で組まれているカリキュラムを利用して勉強することをおすすめします。また、インターネットから申し込んで自宅で受験できることが人気のポイントになっています。 キャンドルデザインマスターとキャンドルアドバイザーの資格を取得すると自宅やスクールで講師の活動ができるようになります!そのため、キャンドル教室を開業したい方や、講師になるには取得をしておきたい資格と言えます。キャンドルを販売する会社に就職したい場合でも有効に活用できるでしょう。