エクステリア心理アドバイザー認定試験口コミ評判

インテリアという言葉は馴染み深いものですが、エクステリアについては初めて耳にする方も多いのではないでしょうか? 具体的にどのような意味を持つかと言いますと、インテリアは家の中のデザインを行うのに対してエクステリアは外壁など家の外側から見えるものについてデザインすることを指します。 また、日本インストラクター協会ではエクステリアの能力だけでなく心理学に関する知識を兼ね備えたエクステリア心理アドバイザーという資格の認定試験を取り扱っています。 近年、日本はストレス社会と呼ばれると共に私たち人間は自分たちの生活する空間や目からはいる外的な情報だけでストレスを感じやすい生き物であることから、心理学を織り交ぜながら住空間へのアドバイスを行えるエクステリア心理アドバイザーのような資格は今後益々注目度が上がってくることが予想されます。 建築関係にご興味がある方、誰かの役に立ってみたいというあなたは是非エクステリア心理アドザイバー認定試験にチャレンジしてみませんか?

エクステリア心理アドバイザーとは?

エクステリア心理アドバイザーとは、エクステリア=外観デザインをどう実践していけばより快適に暮らしやすい空間作りを行えるのか心理学を交えながらアドバイスを行う職種となります。 現在日本デザインプランナー協会という団体にてエクステリア心理アドバイザーの資格を取得することができ、1級・2級が設けられているそうです。 1級では実務で活用できるかどうかの技能を試されますので、より本格的に仕事へ活かしていくためにも是非1級まで目指して学びを深めていきたいものですね!

エクステリア心理アドバイザーの口コミ・評判は?

・2ヶ月に1度のペースで試験が開催されるので自分のペースで勉強することができた ・癒しの空間を周りへ与えることができる仕事に誇りを感じています ・自分自身の生活においてもエクステリア心理カウンセラーの資格を活かすことができた まだまだエクステリア心理アドバイザーは最近出来たばかりの資格となりますが、特に建築関係の職業の方に人気とのことで資格取得を目指す方が徐々に増えてきているそうです。 持っていると持っていないとでは仕事の幅や信頼性も随分変わってくるかと思いますので周りのライバルと差をつけるためにも是非早めに認定試験にチャレンジしていただくことをおすすめ致します。

エクステリア心理アドバイザー認定試験の受験方法について

・受験資格:特になし ・受験料:1万円(税込み) ・試験日程:偶数月(20日~25日) ・受験方法:インターネットで申請後、在宅受験可能 ・合格基準:7割以上 エクステリア心理アドバイザーは自宅にて受験が可能ですので普段家事で忙しい専業主婦の方を始め、会場まで足を運ぶ時間がない!というサラリーマンの方も気軽に応募することが可能です。また、試験自体は偶数月に2ヶ月ごとに開催されますので勉強スケジュールも無理なく調整することができるかと思います。 より必要とされる人材になるには周りと差別化をはかることが大切ですし、エクステリア心理アドバイザーのような新しく生まれた資格を取得することで信頼度もUPし、これまで以上に大きな任務を任されることにもつながります。 仕事面においてより充実したライフスタイルを築くためにも是非エクステリア心理アドバイザー認定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?