カウンセリング資格人気ランキング

カウンセリング資格は、企業や、学校などの教育機関、医療機関、福祉関係など、近年さまざまな場所で、多くの需要があります。書店でも、心理関係の本は人気となっており、カルチャースクールや専門学校などでも、気軽に心理学を学べる環境があり、カウンセリングの資格も人気資格となっています。近年では、過度なストレスが原因で不調を訴えて日常生活ができない状態になってしまう方も多くいます。また、高齢化社会に伴って福祉関係の現場でもこうした専門的なカウンセラーの需要は高く、これから益々必要な人材となっていくと言えます。

1位 メンタル心理ヘルスカウンセラー

日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している資格となっており、受験資格は特にありませんので、これから学んでいこうとしている方でも受験することは可能です。カウンセラーとして、心理学の基礎知識や、様々なストレスから起きる症状別の治療方法を理解していることが必要となってきます。そして、患者さんに寄り添い、それぞれその人に合った方法で心理学をを用いて指導していくことができます。また、カウンセラーとして活動していくためには、高いコミュニケーション能力が求められ、ケースごとの治療方針をしていかなければなりません。また、薬剤などを使用した医療行為は禁止されており、きちんとした医師の指導の元に治療を行っていくことになります。

2位 メンタル心理インストラクター

日本インストラクター協会が主催する資格になり、特に受験資格などはありません。カウンセリングという相談援助知識や倫理、専門的知識を必要とする資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができるようになります。メンタル心理インストラクターの基礎知識や、その患者さんとその家族と一緒寄り添いながら治療していき、社会復帰に向けて前向きな方向にいくよう適度なサポートをすることができます。また、生活改善を促し、支援制度などをアドバイスしてバックアップしていくことができます。

3位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の資格となっており、どなたでも受験することが可能です。メンタル心理ミュージックアドバイザーは、人間の心を音楽の癒しの効果を利用して、心身の健康維持ができるようアドバイスすることができる仕事です。心理的なストレスの改善は、音楽の利用方法により、身体に良い影響を与えてもらえます。アドバイザーとして、専門的な知識を身につけ、心身に対する音楽の作用を理解している人へ与えられる資格です。

4位 ストレスケアマネージメント

日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の資格となっています。受験資格などは、特にありませんので、どなたでも受験することが可能です。ストレスケアマネージメントは、現代社会におけるストレスやその原因に対処できる方法を指導する仕事です。感情と上手く付き合う方法や、怒りをコントロールし、エネルギーやモチベーションに変える、アンガーマネジメントなど心理トレーニングをし、その人に合ったストレス対処法の指導をすることができます。対人関係やコミュニケーションの取り方、ストレスとの付き合い方に悩む方などにも人気のある資格です。