カラーセラピーの資格!人気ランキングベスト3をご紹介!

カラーセラピーとは?

皆さんはカラーセラピーを体験した事はあるでしょうか?中にはスピリチュアルなイメージを持っている人もいるかと思いますが、カラーセラピーは色を使った心理療法です。心理療法と言われると難しいように感じますが、普段私達は生活の中で意外と身近に体験しています。色は体調にまで影響を及ぼす大切な要素で、たとえば赤やオレンジなどの暖色では心身を活発にする効果があります。青や紫などの寒色では心身を休ませる効果があります。産婦人科ではパステルカラーが多く使われており、特に薄いピンクのイメージがあると思いますが、実際女性の落ち着く色、リラックスできる色などが使われています。 カラーセラピーをするためにはこのような色の知識とその効果などの色彩心理学の勉強をする必要があります。それとともに、カウンセリングの知識なども必須なのでたくさんの事をマスターしなければなりません。

カラーセラピーで人気の資格をご紹介!

カラーセラピストになるには、色彩療法についてたくさんのことをインプットしなければなりません。そのため、カラーセラピストになるには専門のスクールや通信教育などを利用すると便利です。カラーセラピーについて学ぶ事ができる教室は全国にたくさんあります。また、資格受験用の通信講座では、一定のカリキュラムが組まれた上で資格の取得もできるため、一石二鳥かもしれません。実は、カラーセラピーの資格や検定はたくさん種類あります。ここではその中から、カラーセラピストになりたい方や、カラーセラピーの勉強をしてみたい方へおすすめの資格を口コミや評判を比較して、ランキング形式でご紹介します!

1位 カラーセラピー認定試験

日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー認定試験です。色彩療法の知識が身に付いていることを認定している資格で、色の生理的効果や心理的効果などの基本を学ぶ事ができます。試験では色の効果や原理、色の活用方法などが出題されます。カラーテストや色彩療法の専門知識は学んでいても納得できる面白い内容になっています。見事合格して資格を取得するとカラーセラピストとして活動する事が出来ます!カラーセラピーサロンやヒーリングサロンなどで就職することも可能です。

2位 カラーアドバイザー

カラーアドバイザーは日本デザインプランナー協会が認定している資格です。この資格を取得するとカラーアドバイザーとして講師活動ができるところが一番のポイントです。そのため、資格取得後はカラーセラピー教室などの開業も可能です。色の歴史や効果などの基礎知識から、パーソナルカラーの診断方法、好きな色による性格や精神状態の診断なども学ぶ事ができます。

3位 色彩インストラクター

日本インストラクター協会が認定する色彩インストラクターの資格では、 色彩インストラクターでは、より色彩の部分に特化した専門知識を勉強する事が出来ます。彩度・明度・コントラストなど色彩学の基本知識や、HSV色空間やHSVカラーモデル、HSBカラーモデルなどの専門知識、色覚異常の方に考慮した配色などを習得します。セラピストよりも色の知識を深めるというイメージが近いかもしれません。