タロットカード・占い資格人気ランキング

タロットカード占いはいつ始まったのでしょう

ヨーロッパからアメリカ、そして日本へ 一時期大きなブームを呼んだ、タロットカードですが、今ではあまり街中でタロットカード占いを見かけなくなりました。15世紀前半にイタリアミラノで製作されたタロットカードが現存する一番古いものと言われています。その頃のタロットカードは、占いをするのではなくゲームのツールとして使用されていました。イタリアから発祥したカードがヨーロッパを巡り、19世紀にはフランスのオカルト結社によって、西洋魔術の道具として使用されるようになりました。 今のようにタロットカードが占いとして使用されるようになったのは、もっと後のこと1970年代から80年代にかけてのことです。当時ニューエイジと呼ばれる、英米を中心とした霊的・宗教的思想により、タロットを霊的(スピリチュアル)探求や心理カウンセリング的を行うために、タロットカードを用いる人が一気に増えました。 日本でも、1970〜80年代に、タロット入門書が多く出版され、今では広く知られる占いの一つとなりました。

タロットカードに資格はあるの?

複雑怪奇なカード、何が何だか・・・ 70枚以上のカードそれぞれの意味を知り、理解するのは容易なことではありません。正しく学んで理解し、自分のことを知るだけでなく、身の回りの人の様々な問題や悩みの解決に役立ててはいかがでしょうか。 その一つとして、資格取得を目指して勉強してみるのは、正しい知識を得る近道と言えるでしょう。ここでは、タロットカードにまつわる資格をランキング形式で、紹介します。 第一位タロットカード占いインストラクター 日本インストラクター協会が認定している資格です。タロットカードはわざわざ自分で学ばなくても、プロの方に占ってもらうというて方がいるかもしれません。ただプロの占い師は、結果を取捨選択して、相談者に伝えることがあります。その点、自分で占うことで人に頼りすぎたり、依存たりしてしまうことなく、自分で目標を得られます。自分の未来を自分で切り拓く一つの手立てとしての、タロットカード占いを身につけている方に与えられるのがタロットカード占いインストラクターの資格です。 2ヶ月の通信教育講座があり、受講後に試験を受け、合格すれば認定されます。在宅で学べますし、試験も在宅で行われますので、多忙な方でも自分のペースで受講し受験できます。 第二位スピリチュアルタロットアドバイザー 日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している資格です。タロットカードを使うのに特別な能力は必要ありません。誰でも簡単に人生を豊かにできる魅力的なタロットカード。目に見えない霊的で神聖な魂を、体の五感を使い感じることで、深く占うことができる方に与えられる資格です。 受講や受験に制限はありませんので、タロットカードの奥深さを感じながら、試験合格を目指して、受講して見てはいかがでしょうか。 第三位タロットリーディングマスター タロットカードを使った占いに、霊感など特別な能力は必要ありません。複雑で難しいものと考えられていますが、カードの意味と操作方法さえ理解していれば、人のあらゆる側面を占うことができるのです。 カードの歴史から、78枚のカードの意味、ワンオラクル・ヘキサグラムといったカードの操作方法をわかりやすく解説した、通信講座で学び、カリキュラムを終了した方に受験資格が与えられます。試験は在宅でテキストを見ながら回答できますので、安心して受験できます。 第四位タロットリーダー・インストラクター プロのタロットカード占い指導者になるための養成講座を「入門」「ベーシック」「アドバンス」「プロフェッショナル」と段階を追って、受講したのち、試験を受け合格して、タロットリーター・インストラクターになれます。 タロットリーダー協会が、その人の力量を測る基準として設けられた資格です。何度はどんどん上がっていきますので、ちょっとかじって見たいという方には、狭き門と言えるでしょう。 以上のようにタロットカード占い資格といっても、様々なアプローチがあることがわかります。まず、気軽な資格の勉強を通して自分のことを知ることから始め、順を追って難度の高い資格取得を目指して見ても良いでしょう。