ハウスクリーニングの技術を習得できる方法をご紹介!

ハウスクリーニングの技術を学ぶ事ができる!

ハウスクリーニングと聞くとダスキンなどのお掃除・清掃のプロを連想します。ハウスクリーニングを利用した事がある方はわかると思うのですが、お掃除のプロの技術はすごいです。キッチンなどの油汚れも、入居したての時のように綺麗にする技術を知りたい!こんな綺麗に掃除できるようになりたい!と思った事は無いでしょうか? あまり知られてはいませんが、実はハウスクリーニングにも資格や検定があります。実は受験資格が無い物が多く、通信講座やスクールで学ぶ事ができます。この資格を学ぶ事でハウスクリーニングの基本知識を学ぶ事が可能です。お掃除の資格はたくさんあるのですが、ここでは口コミやランキングなどでいつも人気のある2つの資格、ハウスクリーニングアドバイザーとクリーニングインストラクターを比較してご紹介します。

ハウスクリーニングアドバイザー (日本生活環境支援協会)

ハウスクリーニングアドバイザーになるための資格で、プロの知識がある掃除のスペシャリストの資格です。ハウスクリーニングアドバイザーなるには、掃除に関する基礎知識や、道具の使い方、各場所に合わせた適切な掃除方法やテクニック、状態に合わせ最適な掃除方法など、あらゆる掃除に関する知識をつける必要があります。基本的にプロになるための資格ですので、お掃除のアドバイスができるような様々な種類の知識を一気に身につける事ができる資格になります。 資格取後は、カルチャースクールや自宅で講師をする事が出来ますので、将来独立起業をしたいなと思う方は持っておくと役に立つ可能性があります。通信教育などでも勉強する事ができるで、気軽に始められるところもポイントです。 お掃除のプロフェッショナルになりたい方には人気でおすすめの資格になっています。ハウスクリーニングの会社や、建物のメンテナンス管理をしている会社に就職などをしたい場合にも活躍するでしょう。

クリーニングインストラクター (日本インストラクター協会主催)

クリーニングインストラクターは、掃除に関しての幅広い知識と実務ができる技術を持っていることを証明する資格です。 自宅の隅々をよりきれいにすることができ、美しい住まい環境になることを、目的としているため、プロ用の資格ほどの難易度では無いですが、ハウスクリーニングの知識を自宅で生かせると評判の資格になっています。 水垢やカビ、フローリングの汚れなど、普段の生活で気になっていた汚れを、クリーニングインストラクターの試験勉強をする中で知る事ができるため、日常生活の中で生かす事ができます。こちらも資格取後は、カルチャースクールや自宅で講師をする事が出来ますので、自宅で得た技術を実践するだけではなく、様々な場面で活躍する資格といえるでしょう。 インターネットで申し込むことができ、気軽に受験できるのも人気のポイントです。