レターライティングマスター口コミ評判

近年、LINEやTwitter・FacebookといったSNSを使ったコミニュケーション方法が主流になっていることから手紙を使って誰かにメッセージを送る機会が激減しています。

検索ツールを使えば漢字や言葉が出てきたりと正しい日本語の使い方や季節の挨拶などすぐに言葉に出てこないという方も多いのではないでしょうか?

「手紙やハガキを書く機会がないから今のままで十分!」と思いがちですが、きちんと学んでいれば仕事を行う上で契約先や上司に送るメールにて手紙作成のルールが生かされることがあります。また、家族や友人へLINEを送る際も美しい文章の流れを掴むことで本当に伝えたい情報をより的確な内容にて伝えることが可能です。

今回こちらでは日本語の正しい使い方や独特の表現力について理解し、季節や状況について手紙を作成できる能力を有す方に与えられるレターライティングマスターという資格の試験概要〜口コミ・評判について解説させていただきます。

最後までどうぞお付き合いください。

レターライティングマスターとは?

レターライティングマスターとは、ファッションやインテリアなど様々なジャンルの資格を取り扱っている日本デザインプランナー協会が主催している資格の一つです。 手紙を書く機会が減っているものの、ビジネスにおけるメールの基本マナーとして「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」といった時候の挨拶を取り入れる機会が今後も多数あるほか、結婚式の参列者として呼ばれる際も招待状への返信は手書きかつ日本特有の言葉のマナーが必要となってきます。 万が一誤った書き方・文章を作っていれば「この人に仕事を任せて大丈夫だろうか?」と信頼性を失ってしまう可能性も。 日本人である限り日本語を使った文章作りや言葉のマナーは今後活かされる機会が多々ありますし、LINEやメールでも流暢な日本語を使えるようになりますのでSNSでのコミニュケーションがメインとなった今だからこそおすすめしたい資格の一つです。

レターライティングマスターの試験概要について

・受験資格→特にありません。 ・受験料→10000円 ・受験方法→WEB申し込み後、在宅受験 ・合格基準→70パーセント以上 レターライティングマスターには受験資格は特にありませんので、事前に手紙の作成方法や基本マナーについて学んでさえいれば誰でも試験に挑戦することが可能です。 また、試験形式は在宅受験となるので普段仕事で忙しいサラリーマンやOLの方をはじめ、子育てでなかなか家を空けられないという主婦からも高い評価を得ています。

レターライティングマスターの口コミ・評判

・ビジネス用文書を作成する際いつも時間がかかるのでこの資格試験に挑戦してみました ・メールではなく今度は自筆で手紙をかいてみたくなった ・勉強を進める上で日本語の美しさを改めて再認識した。

まとめ

今回こちらでは日本デザインプランナー協会が主催するレターライティングマスターの口コミ・評判について解説させていただきました。

レターライティングマスターの資格を活用すれば日本人として美しい文章作りが行えるようになるのはもちろん、自宅やカルチャースクールでレターライティングの講師として活躍の幅を広げることも可能です。是非ご興味のある方は日本デザインプランナー協会の公式HPを一度チェックしてみてはいかがでしょうか?