ワイン好きのあこがれ!ソムリエになるには?

ワインは好き!でもソムリエ資格って難しい。

ワインの世界は奥が深い、難しい。けれどワインが好きな方は多いですよね。 イタリアンやフレンチだけではなく、スペイン式のバルやワインバーも年々増え、ワインを飲む機会もどんどん増えています。 そんなワインについてもっと知りたい!というワインが大好きな方は、ソムリエの資格に興味を持ったことがあるのではないでしょうか? 「ソムリエ資格」と言われるとかなりハードルが高く、常人とは違う嗅覚や味覚を持っていないといけないようなイメージがあります。ランキングでも、難易度と人気度が共に高いとされている資格です。 日本でソムリエ資格は、社団法人日本ソムリエ協会が認定しており、試験の合格率は30〜40%のなかなか難しい資格です。受験をする方の大半はスクールに通い、テイスティングなどの実技試験なども徹底して対策をします。 実は受験資格も厳しく、飲食店などで調理やサービスの仕事に5年間以上携わっている人だけが受験できる資格で、ワインが大好きでいくら勉強していても、一般の人間が趣味でとることはできない資格です。 しかし、ワインやソムリエの資格は色々種類があり、難易度や受験資格は資格によって様々です。

ソムリエインストラクターの資格とは?

ソムリエ資格やワインエキスパートなど、ソムリエの資格は複数あります。ソムリエ資格の中でも挑戦しやすく、口コミでも評判が良いのが、日本インストラクター協会が行っているソムリエインストラクターです。試験では、ワイン種類の識別、ワインの在庫管理、仕入れやより美味しく飲むための保管知識などが出題されます。受験資格が特になく一般の方でも趣味として挑戦することができます。通信教育・通信講座などで勉強することができ、試験は自宅からインターネットで申込みから受験ができるのも人気のポイントです。 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができますので、ソムリエになりたい方を対象とた教室を開くことができます。また、料理に合わせたワインをお客様に提供することや、ワインについてのアドバイス、ワインの識別をしてコーディネートする知識などを習得しているので、飲食店でも重宝されるでしょう。

ワインの知識はワインコンシェルジュ!

ワインの知識をより学びたい人、より深めたい人には日本安全食料料理協会が認定しているワインコンシェルジュの資格も人気でオススメです。ソムリエインストラクターと比較すると、ソムリエインストラクターが料理とのコーディネートや美味しい飲み方、保存方法などのソムリエとしての業務を学ぶのに対して、ワインコンシェルジュはワインの歴史やブドウの品種、産地・特徴・分類・サーブなど、ワインに関する基本的な知識をマスターした人に認定される資格です。 ワインに特化した知識を学びたい方には、こちらの資格にも挑戦してみても良いでしょう。趣味としてワインが好きな人にも人気のようです。 ソムリエインストラクターと同様に、受験資格が特になく一般の方でも趣味として挑戦することができ、試験は自宅からインターネットで申込みから受験ができます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるようになるので、自宅でワインスクールやワインサロンを開いて楽しむのもよいですね。