一生役立つ!「手に職」資格ランキング

昔から「手に職をつけると強い」と言われますが、社会に出てみてその言葉を痛感した方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?そんな、一生使える手に職な資格ランキングをご紹介。趣味としても使えますし、お仕事の場でも活躍できる実践的なものばかりがランクインしています。

1位 POPデザイナー

超実践的で、デザイン力やセンスの身に付く資格であるPOPデザイナー。現在人気がどんどん高まっている資格です。人気の理由は、職種を選ばない点。販売店だけでなくどんな業種でも活躍する機会の多い分野です。手書きのものからパソコンで作るものまで、コツを知っている人と知らない人とでは、出来上がりは雲泥の差。どの職場でも重宝されることで人気の資格です。日本デザインプランナー協会が発行しています。

2位 ハウスクリーニングアドバイザー

住まいに関する資格は、どんな人にとっても身近なことから人気も高いのですが、その中でも掃除に関する分野は現在関心の高い方が多く、テレビでも掃除特集などがしょっちゅう放送されています。そんな注目されている分野の資格で、試験を取得することでプロの技術が学べるとあって、手に職をつけたい方に人気です。独立なども可能ですので、工夫次第ではそのまま収入につながります。日本生活環境支援協会が発行しており、2か月に1度在宅で受験できる取得しやすい資格です。

3位 CADデザインマスター

世界標準CDやAUTOCAD、スタンダードなJWCADなどを使い、様々な業務に関して一定以上のレベルの知識を身につけた人に発行される資格。日本デザインプランナー協会が発行しています。CADは、手に職という資格の中では特に専門的ですが、ゆえにスキルとして身につけていると重宝される資格です。住宅関係の方は取得を考えてみては?

4位 実践建築模型認定試験

こちらも建築系になりますが、プレゼンに特化した資格で取得していると重宝されること間違いなしの資格です。某リフォーム番組でも、住宅の紹介に模型を使用していますが、あのようにお客様に分かりやすくご提案内容を伝えることができるようになりますので、現在のお仕事のスキルアップにもいい資格です。工夫次第では独立して企業を相手にお仕事をすることも可能です。こちらも日本デザインプランナー協会が発行している資格になります。

5位 クラフトハンドメイドマイスター

一定の水準以上のクラフトやハンドメイドの創作スキルを所持する人へ認定される資格です。日本デザインプランナー協会が主催しています。一生困らないと言えば、クラフトやハンドメイドは年齢を問いませんので、講師活動やワークショップを開催する上で、あらゆる年齢層をターゲットにできる利点があります。自分自身も、いくつになっても活かせることのできる資格なので、人気も高いのかもしれません。クラフトや手芸の好きな方は、深堀してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

手に職といっても、専門職からカルチャー系までさまざま。しかしどれも自分次第で収入につなげることができ、実践で使えるものばかりです。ぜひ、資格取得で手に職を!