人気資格!コーヒーソムリエとカフェオーナースペシャリストを徹底比較!

カフェ・コーヒーが好きな人におすすめの資格をご紹介!

お洒落なカフェ、こだわりのカフェなど、昨今いろいろな形態のカフェが増え、利用している方も多いのではないでしょうか。 カフェ業界の市場規模はどんどん成長しており、専門本なども出版されているほど。今回はそんな、カフェが大好きな方におすすめの資格をご紹介します! カフェ好きに人気の資格!コーヒーソムリエとカフェオーナースペシャリスト 最近、芸能人でも資格をとっている人が多いですが、最近は通信講座や資格のスクールに通い、自分の趣味の資格を取得する方が増えています。 カフェ・コーヒーの資格で、最近口コミなどのランキングで上位に入っているコーヒーソムリエとカフェオーナースペシャリストを比較してみましょう。

コーヒーソムリエとは?

コーヒーソムリエは日本安全食料料理協会が認定している資格です。 試験では、コーヒーの歴史や、生豆の選び方、産地、種類など、基本的にはコーヒーに関する専門知識が出題されます。また、ラテアートやコーヒーカップに関する出題もあるようです。要するに、コーヒーの基本から応用まで専門の知識があるという証明の資格であり、コーヒー版ソムリエといえるでしょう。ちなみに、こちらの資格はタリーズコーヒーなどのコーヒーショップやコーヒーメーカーも取得を推奨しています。受験資格は特にないため、通信教育などで勉強するとだれでも取得することができます。インターネットから簡単に申し込むことができ、在宅で受験ができます。

カフェオーナースペシャリストとは?

カフェオーナースペシャリストも、同じく日本安全食料料理協会が認定している資格です。 試験では、カフェのマーケティングに必要な基礎知識や、開業・運営、商品、サービスについてが出題されます。カフェの企画や内装、設備に関する出題もあり、カフェ経営に必要な知識がまとめて身につくような内容になっています。こちらの資格も受験資格は特にないため、通信教育などで勉強するとだれでも取得することができます。インターネットから簡単に申し込むことができ、在宅で受験ができます。また、取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができるため、自宅でコーヒー教室などもすることができます。

まとめ

コーヒーソムリエもカフェオーナースペシャリストも、受験資格は特になく、スクールや通信講座などを受講することで取得がしやすい資格です。 自宅からインターネットで申込みができることや、10,000円で比較的に安価で受験できることも魅力の一つです。 内容については大きく差があり、コーヒーが大好きでコーヒーの知識を深めたいという方はコーヒーソムリエの資格を取得することをおすすめします。将来カフェの開業やカフェ経営をしたい!もしくはカフェオーナーとして働きたいという方はマーケティングなど経営知識やサービスについて勉強できるカフェオーナースペシャリストの資格を取得がおすすめです。 カフェ好きの方におすすめの二つの資格、挑戦してみてはいかがでしょうか?