和菓子資格人気ランキング

和菓子って、どんなもののことをいうの?

日本で昔から親しまれている郷土料理の一つに和菓子があります。古くは和菓子という定義がありませんでした。明治以降、ヨーロッパなどから日本に入ってきた洋菓子に対する言葉として和菓子と呼ばれるようになりました。 原料は雑穀、豆類、でんぷん、糖類を主としていますので、洋菓子と比べて油脂、香辛料、乳製品を使うことが少なく、そういう点でも、和菓子は健康食、低脂肪食として注目されています。 近年はヘルシーなデザートとして、海外からも注目を浴びるようになりました。また、日本人も古くからの日本の菓子文化を見直してさらに変化を遂げ、工夫を凝らして伝統が受け継がれています。今でも、伝統文化としての和菓子の研究に、力を注いでいる人も少なくありません。地方で伝統的に親しまれてきた郷土の和菓子が連綿と受け継がれ、のちに日本全土に広がったものもたくさんあります。 そんな歴史のある和菓子、最近ちょっと気になると思っている方も多いでしょう。ここでは和菓子にまつわる、資格試験について、ランキング形式でご紹介しましょう。

和菓子にまつわる資格、どんなものがあるの?

一言に和菓子と言いましても、うちでお餅をレンジで柔らかくして、市販の小豆餡やきな粉をまぶして食べる簡単なものから、上生菓子と呼ばれる芸術性の高い高級菓子まで、色々なものがあります。そんな和菓子にまつわる資格試験をランキン区形式で紹介します。 第一位和スイーツセレクトマイスター 日本安全食料料理協会が認定している資格です。和菓子に関するあらゆる知識を有していることを証明する資格です。和菓子に関することとは、和菓子の種類だけでなく、和菓子作りに使われる道具に関する知識、小豆や和三盆、餅粉など様々な和菓子の材料に関する知識を身につけているかどうかが問われます。 また、全国各地に根付いた郷土の和菓子に関する知識が身についているかどうかも資格を得るために問われています。 試験は2ヶ月ごとに実施され、在宅で受験できますので、先ずは和菓子に関して正しい知識を持っているかどうか、手始めに資格取得を目指して見てはいかがでしょうか。 第二位和菓子文化コーディネーター 日本生活環境協会が認定している資格です。和菓子に関する幅広い知識を身につけているかどうか、また、全国各地の郷土の和菓子について、郷土和菓子の誕生した土地の文化や背景、歴史に関する知識が求められます。 和菓子とお茶の関係や、京菓子と江戸菓子、ぼたもちとおはぎ、ぜんざいとしるこなどよく耳にする言葉でも、その違いは何?と聞かれると、はっきりと答えられるでしょうか。和菓子文化コーディネータ資格では、その違いもはっきり区別できる知識を持っているかどうかが資格取得につながります。 第三位菓子製造技能士 こちらは菓子作りの高い技術を国が認定するものです。原則として一定期間の実務研修を経て、受験資格が得られます。国が行なっている技能士制度の一つで、働く人の技能一定の基準によって検定し、国がその技術を証明するものです。試験は各都道府県ごとに実施されます。試験の内容は筆記と実技試験が行われます。実技試験では実際に菓子を製造しその技術が試されます。 第四位製菓衛生師 法律により定められた、名称独占資格です。一般的には専門学校などを経て、必要な知識を学び技術を習得したのち、2年以上菓子製造業に従事して受験資格が得られます。また、養成施設で学んだのち、受験資格を得る方法もある、国家資格です。試験は筆記です。 和菓子にまつわる資格を紹介しました、第三位と第四位は一般の方には、時間もかかりますし、費用も安くはありません。まずは、第一位の和スイーツセレクトマイスターや第二位の和菓子文化コーディネーターで、和菓子に関する知識を学んで気軽に受験して見てはいかがでしょうか。将来はもっと深く掘り下げて勉強し、専門的な技術を身につけて、和菓子のスペシャリストになるのも、夢ではありません。