夢占い資格人気ランキング

今日の夢見は、良かった?

私たちは普段実にいろんな夢を見ています。ある日突然驚くような夢に、飛び起きた経験は誰にでもあります。また、朝なんとなく嫌な夢を見て寝覚めが悪いことや、反対にこのまま寝続けて、夢の続きを見たいと思うような幸せな夢を見て、後ろ髪を引かれる思いで、お布団を出たこともあるでしょう。良い夢も悪い夢も、目覚めてからその後が気になります。 印象に残る夢では、あの夢は吉兆の表れ?または何か良くないことが起こるの?など、気になることってあります。ネットで夢を調べて見たことがあるかもしれません。夢占いが自分でできたら良いと思いませんか。

人はなぜ夢を見るの?

昔から、一富士二鷹三茄子などと言って、夢にまつわるあれこれを耳にすることは多いです。特に夢見が悪かった時などは、気になります。統合失調症やアルコール依存症などの疾患にかかっている人を除いては、人は大抵一晩に3〜5回の夢を見ています。起きてからも覚えている人もいれば、見た夢をすっかり忘れてしまう人もいます。普段夢を忘れてしまう人が、社会的・精神的なストレスなどから自分の内面に注意が行き始めると、見た夢を覚えているようになります。こういう時に見る夢は、嫌な内容の夢が多いようです。しかし夢を見ることそのものは、脳が従来からやってきたことなので、問題はありません。そうかと言って、嫌な夢は見たくありませんし、見ないに越したことはありません。

夢占ができる、資格があるの?

ここでは夢占いにまつわる資格についてランキンング形式で紹介します。 第一位夢鑑定セラピスト 日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定している資格です。人の意識は、潜在意識と顕在意識とに分けられます。起きているときは顕在意識に支配されています。何かをしたいと意識し考えていることが、顕在意識です。自覚している意識とでもいいましょうか。逆に、意識をしていない意識です。無意識のうちに心の中で思っていることが潜在意識です。起きている時には、この潜在意識は自覚することがありません。夢は潜在意識の表れであり、夢の中にその人の本当の願いが含まれていると言われています。 ここまで考えると、潜在意識って自覚することもないし、あまり重要ではない?と、思ってしまうかもしれません。しかし意外なことに、潜在意識は人の意識の9割を占めると言われています。顕在意識は人の意識の1割にも満たないものなのです。潜在意識の表れである、夢を鑑定することで、人の心の底にある、本心や願いを読み解き、悩みや問題の解決へ導くことができる知識を身につけている方に与えられる資格が夢鑑定セラピストです。 第二位夢占いアドバイザー 日本インストラクター協会が認定している資格です。夢の中のシチュエーションは、現実にはありえない場所で、ありえないことが起こったりします。目覚めた時に、内容を反芻して「アリエナイ!」と思う突拍子も無いこともあります。しかし夢にはそれを生み出した、自分自身の深層心理が影響しているのです。夢は無意識の状態で見るので、その人の願望や不満、メッセージが織り込まれています。夢にはその人が自覚していないかもしれない本心が現れてきます。 夢に出てきた、メッセージや、キーワードを分析し、キーワードを正しく理解することができる方に、資格が与えられます。 第三位スピリチュアルカウンセラー スピリチュアルカウンセラー養成講座を受講して、認定試験を受け日本スピリチュアルカウンセラー協会から認定されると、認定スピリチュアルカウンセラーとして、人の幸せにつながる活動をすることができます。 養成講座は、6回で30万円とかなり高額ですので、夢に興味があるという理由だけでは、簡単に始められる資格取得コースでは、無いと言えるでしょう。 夢鑑定セラピスト、と夢占いアドバイザーは通信教育で受講することができますので、忙しい社会人でも在宅で自分のペースで勉強できます。夢の実現のために、文字通り夢を追って見てはいかがでしょうか。