幼児食資格人気ランキング

大切なお子さんが、食物を口にし始めたら

貴方の大切なお子さんやお孫さんに、成長の時々に合ったお食事で悩むことはありますか。好き嫌いが多いがどうしたら良いのだろう?うまく食べてくれないけれど、なぜ?子供にはどんな味をつければ良いの?など、子育て中の保護者の方の悩みは尽きません。また、日々工夫をしてお子さんの食事作りに心を込めているときに、これで良いのかしら?と、ふと考えたことはありませんか。 そんなお母さんたちの役に立つ、幼児食にまつわる資格をランキング形式で、ご紹介しましょう。

幼児食資格人気ランキング

第一位幼児食マイスター 日本安全食料料理協会が実施している資格です。子供の成長にあった献立を作成できる人に対して与えられる資格です。子供の成長はめまぐるしく、わずかの年月の間にどんどん食事のスタイルも変わっていきます。幼児に向いた食材や、適さない食材を見極めることなど、幼児食に関する知識を持った方に与えられる資格です。 食だけでなく、子供の身体の作りや、子供の脳や神経組織の成長に合わせた食事、骨や筋肉の成長に役立つ食事など、最適な食に関する環境を作るための知識を習得していることを認定されます。 また、アナフィラキシーに代表されるアレルギー症状の予防や対策を身につけ、適切な対処ができることの知識を有しているかどうかも問われますし、正しい食事のマナーの基礎になる躾も資格を得るのには、必要な知識です。 誰でも試験を受けることができます。勉強の方法は、幼児食マイスターW資格取得講座を6ヶ月受講し、受験をすることになります。受験するにはインターネットから申し込みます。回答を期限内に郵送して、試験が実施されます。偶数月に試験が実施されていますので、年に6回は試験が行われます。自分のペースで受講できますので、毎日定時に時間を割いたりできない忙しいお母さんにはありがたい試験です。 第二位ベビーフードインストラクター 日本インストラクター協会が実施している資格です。子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解し、季節の献立、幼児に与えるお勧めの食材を使用した献立、正月や節分、桃の節句、クリスマスなどの行事に合わせた献立を考えながら食事を作ることができる方に与えられる資格です。 エネルギーとなるものを黄色、身体を作るものを赤、調子を整えるものを緑の3色の栄養素がバランスよく含まれている献立を考えることができるのです。子供さんが成長してからは、それまで得た知識を、自宅やカルチャースクールで他のママさんに講師として教室で教えることもできます。 試験の受験方法は、幼児食インストラクターと同じように、在宅で受験できます。幼児食マイスターとセットの受講もできますので、この機会に本格的に勉強を始めてみてはどうでしょうか。 第三位幼児食インストラクター 3ヶ月の通信教育で資格の取得を目指します。1〜6歳の幼児期は、体は著しく成長しますし、味覚や脳の発達、将来の食習慣を決める大切な時期です。成長別のレシピや食事の作り方、子供の行動の理由から、食物アレルギー、病気の時のケアまで、すぐに役立つ知識を身につけて、認定試験の受験資格が得られます。 管理栄養士と小児科医の監修のもとに作成されたカリキュラムで効率よく、幼児期の食生活に必要な知識を得ることができます。 第四位幼児食アドバイザー 乳児、幼児の食事作りの基礎から実践、発育のステップごとの対応など、幼児食に関する事柄を学びます。決められた期間で、全課題を履修し合格すると、修了証が発行されます。 第五位子供食育健康管理コーディネーター 子供の成長期における、健康と食育・子供のスポーツと栄養に関することなどを学びます。カリキュラムを履修し、試験に合格すると、認定証が得られます。 いずれの資格も、忙しい子育て中のママさんに寄り添った、優しいカリキュラムです。とかく孤独になりがちな子育ての時期、ママさんの自信になる資格です。