建築模型・住宅模型資格ランキング

家を建てるにあたって、図面を見せてもらったけど、よくわからないし家の魅力が伝わってこない・・・。そんな悩みを解消するのが建築模型・住宅模型です。図面を元に、的確な縮小率でミニチュアを再現することで、建物を効果的にアピールすることができます。今話題の建築模型・住宅模型資格のランキングを人気順にご紹介します。

1位 実践建築模型認定試験

一軒家を構える。これは多くの人にとって理想であり、夢であると思います。しかし長年の努力をかけて、ついに家を建てられるようになった時、新たな不安が生まれることが多いのです。「どんな家になるんだろうか・・」。新居に思いは膨らみ、期待は大きくなるばかりですが、一方で思っていたのと違う家ができてしまう不安もある・・。そんな不安を解消するのが、建築模型や住宅模型なのです。実際の図面から、計算に計算を重ねた縮尺で完成像のミニチュアを作成し、視覚化することで依頼者の想いを理想に近づけていくことができるのです。  実践建築模型認定試験とは、このような建築模型を作成するエキスパートとして認められた人に与えられる資格です。図面の正確な読み方や、ミニチュアの材料の切り出しの技術など、建築模型に関わる基本的な知識とスキルを必要とされるお仕事です。  また、この試験は2級と1級に分かれていますが、いきなり1級に挑戦することも可能です。自己努力次第では級の段階を踏むことなく、すぐに一流を目指せるのがこの資格の特徴です。主催している団体がいくつかありますので、自分に合ったものを選べるのも利点のひとつですね。

2位 建築模型技工士インストラクター

建築模型技工士インストラクターとは、日本インストラクター協会が認定している資格です。  プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型など建築模型には様々な用途があり、それぞれに求められる能力はその都度変化します。プレゼンテーション模型では、その良さを十二分に言葉で伝えるために建築の知識が特に必要で、展示模型であれば細部を忠実に再現する職人的な技術が必要とされます。そのような様々な建築模型の基礎的な知識・技術、そしてその応用力を持っているとされる人に与えられる資格、それが建築模型技工士インストラクターです。  今、建築事務所や設計事務所ではこうした能力を持つ人材不足に悩まされています。資格取得後は、こうした需要に対応できるようになること間違いありません。  試験は2か月ごとに開催されます。受験の申し込み、テストともに在宅で済ませることができるのも、この資格の利点です。

3位 建築模型士Primary

住宅やビルなどを建設する際に、設計段階での重要な参考となるのが建築模型です。建築模型士Primaryとは、この模型を作製するプロフェッショナルの人に認められる認定資格です。この資格では、図面を元に正確な縮小模型を構築する知識とスキルが必要とされます。また、建築業界や設計事務所で働く人だけではなく、模型作りを趣味とする一般の方の受験も多いのがこの資格の特徴です。  試験の合否は、数回の添削指導と最終試験として実際に模型を作製し提出することで判断されます。特に最終の実技は細部まで厳しい審査が入るため、通信講座でしっかりと勉強する必要があるでしょう。