手紙・文章ライター口コミ評判

最近はメール・SNSの発達化により手紙を書く機会が減ってきたものの、年賀状や冠婚葬祭・そしてビジネスを実践する上で契約先に送るメール内容にも手紙作成における基本マナー・美しい日本語の使い方は当然のものとして求められます。

しかし、いざ書いてみようとしてもなかなか書けないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな手紙や文章を作成する上で状況・場面に応じて的確な内容にて作成できる能力を有す人に与えられる手紙・文章ライターの口コミ・評判について解説させていただきます。

最後までどうぞお付き合いください。

手紙・文章ライターとは?

手紙・文章ライターとは、日本インストラクター協会が主催している資格の一つです。 ネット社会化している今、直接紙に文字を書く機会は減っているものの、手紙や文章を書く上で美しい日本語の使い方をマスターし、人の心を動かす言葉使い・文章力を持つことで新聞記者やコピーライター・小説家として活躍の場を広げることもできます。 また、手紙・文章ライターの資格を取得すれば就職や転職の際、採用者側へ立派なアピールとしてつなげることも◎ 手紙を執筆する上で必要な基本知識は手紙に限らずLINEやFacebookといったSNSでの投稿時はもちろん、仕事を行う上で資料作成・メールなど誰かへ渡す文章であればどのようなものにも共通する部分が多々ありますので非常に実用的な資格といえます。

手紙・文章ライターの試験概要について

・受験資格→特になし ・受験料→10,000円(消費税込み) ・受験方法→WEB申し込み後、在宅受験 ・合格基準:70%以上の評価 手紙・文章ライターの認定試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月と年に6回開催されますので普段仕事で忙しいサラリーマンの方やOLさんもスケジュール調整を行いながら自分のペースにて勉強を進めることが可能です。 WEB申し込み後、日本インストラクター協会から問題用紙共に答案用紙が送られてきますので5日間以内に試験を実施し、専用の封筒へ返却期限以内に日本インストラクター協会まで送りましょう。(提出後、1ヶ月間以内に合否の結果が届けられます。)

手紙・文章ライターの口コミ・評判

・資格取得後、上司にも今までと文脈が違うと言われ、自信がつきました。 ・言葉の使い方がこれまでよりうまくなった ・どんな文章でかけばいいのかわからなかったが、スラスラと文章を作れるようになった 手紙・文章ライターの資格を取得後上記のような喜びの声が多数寄せられています。 また、手紙・文章ライターの資格はインストラクターの資格でもありますので習得したノウハウを誰かへ教えてあげることも可能です。実際に資格取得後、自宅で教室を開いたりカルチャースクールにてセミナー講師として活躍する方も中にはいらっしゃいます。

まとめ

今回こちらでは日本インストラクター協会が主催する手紙・文章ライターの口コミ・評判について解説させていただきました。

日本インストラクター協会では手紙・文章ライター以外にも家庭菜園インストラクター試験・副業インストラクター試験・キャンドルアドバイザー認定試験などジャンル問わず様々な試験が取り扱われていますので、ご興味がある方は是非一度日本インストラクター協会の公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?