日本茶・お茶資格人気ランキング

日本で昔から親しまれているお茶のことを知ろう

私たちは普段、毎日何気なくお茶を飲んでいます。それぞれの好みのお茶はなんでしょうか?喉が焼けるような熱いお茶が好きな人、いやいやそんな熱いお茶を飲んだらお茶本来の味がわからなくなるよという人、緑茶って大人の味と感じている人といろんな方がいます。コンビニへ行っても、実にたくさんの種類のお茶が売られていますし、道の駅などのおみやげ屋さんでご当地産のお茶を見ることも多くなりました。 さて、大好きなお茶のホントを知っていますか? ここでは、お茶にまつわる資格をランキング形式で紹介して行きましょう。 第一位日本茶セレクター 日本安全食料料理協会が認定している資格です。日本茶の基礎的な知識を有していることを認定される資格です。具体的には日本茶の歴史、日本茶葉の知識、日本茶栽培や収穫の方法、茶摘みの時期と茶のグレード、八十八夜など茶にまつわるカレンダー用語などの知識が求められます。また、日本茶の製法、日本茶の値段の相場・基準、良質なお茶の見分け方、正しい日本茶の淹れ方、など日本茶に関する知識は多方面に渡ります。 資格の取得はネット申し込みから、郵送で受験できますので、忙しい社会人でも時間の空いた時に気軽に受験できますので、まずは手始めに受験して見るのも良いでしょう。試験勉強をする過程で、これまで知らなかった日本茶の魅力を改めて知る、良い機会になること間違いありません。 第二位緑茶インストラクター 日本茶インストラクター協会が認定している資格です。日本茶に関する知識、茶葉別の美味しい淹れ方、茶器の種類、茶の木の歴史、各地の有名なお茶の知識。日本茶の普及発展に貢献した偉人に関する知識、茶道具の種類、茶葉の保管方法に関する知識、日本茶を作った料理のレシピなど、正しい知識を持っている方に、与えられる資格です。どんな急須を使ってお茶を入れるかで、味が変わってくる日本茶の茶器の種類、急須・茶箕と行った茶道具の呼び名と使い方など、勉強を始めればキリがありません。 第一位の日本茶セレクターと第二位の緑茶インストラクターは、通信教育で講座を受講することも可能ですし、二つの資格を同時に取得も夢ではありません。正しい知識を正しく学ぶことができますので、この機会に本格的に受講して資格取得を目指して見てはいかがでしょうか。資格取得後は自宅やカルチャースクールで講師として活動できますので、サロンで学ぶ立場から教える立場を目指して見るのも良いでしょう。 第三位日本茶アドバイザー 日本茶に関する興味、関心がある方、食育に興味や関心がある方、日本茶カフェや販売店で働いて見たい方にオススメの資格です。日本茶アドバイザー養成スクールに通学してから認定試験を受けるか、日本茶アドバイザー通信教育で学び認定試験をうける、二つの方法があります。 第四位日本茶インストラクター 通信講座で学習後、認定試験に合格して資格を取得します。日本茶のプロとして、教育活動に携わりたい方、日本茶に関する業務に携わっている方、将来日本茶カフェなどの開業を考えている方にオススメです。 認定試験は、筆記に合格ののち、実技試験がありますので本格的な資格取得を目指す方にはやりがいのある資格です。 第五位日本茶スペシャリスト 日本茶について、製造工程から、茶葉の分類、美味しい茶の淹れ方などを身につけて、日本茶をとことん楽しめるプロを目指します。 受講はネット申し込みののち、いつでもネット上で教材を確認して、知識を身につけて行きます。試験もネットのマイページから受けられますので、受験に面倒な手順がシンプルで、わかりやすいのも魅力です。 以上のように、一言で日本茶といっても、プロフェッショナルを目指すための資格もあれば、身近なお茶に興味を持って知りたいと思っている方まで、資格の種類は様々です。まずは、一般向けに受講しやすい講座で学んで見てはいかがでしょうか。その先のプロフェッショナルが見えてくるかもしれません。