有望資格ランキング

資格にはたくさんの種類がありますが、中にはあまり活用の道のないものや趣味に終わってしまうものも少なくありません。どうせ苦労して取ったのだから、活躍の場がたくさん欲しい!そんな人に知ってもらいたい、有望資格ランキングをご紹介します。

1位 CADデザインマスター

CADとは、コンピュータを使ってあらゆる設計図を書く技術のことで、現代の建築業界や土木業界では必須の技術としてかなり普及しているものです。  CADデザインマスターとは、このCADを使って設計図を書くプロフェッショナルのための資格です。この資格ひとつで建築、土木、電気、設備の設計図に対応できるため、かなりの範囲をカバーできる便利な資格と言えるでしょう。  現在でも都市再開発や様々な土木工事が国内外問わず、あちこちで進められている中、建築業界は人材不足に悩みを抱えているのが現状です。また、2020年には東京オリンピック開催に伴う様々な施設建設の計画も数多く進んでおり、これからも需要が伸びる有望な資格であります。

2位 ワインコンシェルジュ

突然ですが、最後にワインを飲んだのはいつか分かりますか?きっと、そのようなはっきりとした記憶がない方がほとんどだと思います。ワインは日本人にとってどちらかというと、あまり馴染みのないお酒ですよね。しかし、近年はワインの様々な健康作用や楽しみ方が普及され、少しずつではありますが、ワイン人気が盛り上がっているのです。  そこでこれから伸びるであろうワイン市場において注目を浴びているのが、ワインコンシェルジェという資格です。世界各国のワイン事情から美味しい飲み方まで、ワインのあれこれを学ぶことでワインのプロフェッショナルになることができます。

3位 美快眠セラピスト

睡眠は全ての人間にとって必要不可欠なものですよね。寝不足や質の悪い睡眠が続くと身体的にも精神的にも悪い影響が出てきます。また、最近の研究では睡眠の美容への影響もかなり明らかになってきました。質の良い眠りは、快適な人生を送るためになくてはならないものなのです。  美快眠セラピストは、そんな質の良い眠りのためのノウハウを提供するための資格です。睡眠に関する様々な知識を元に、依頼者の状況に合わせた提案をすることが求められます。 人間関係や社会関係が複雑化する中、睡眠障害を患ってしまう人が多い現代で需要があるだけでなく、私生活でも活用ができることで人気の資格になっています。

4位 ハウスクリーニングアドバイザー

エアコンのフィルター掃除やシンクのカビ取りなどの掃除って、大がかりで大変ですよね。しかも時間をかけたのにあんまり汚れが落ちなくて、結局投げやりになってしまった、なんて経験がある人もいると思います。日々の掃除ではなかなか手をつけられない場所の掃除は汚れが蓄積されていたりして、普通の掃除では十分ではないことが多いのです。 そんな大変な掃除を完璧に遂行するのがハウスクリーニングアドバイザーと呼ばれる人たちです。こうした掃除で使われる機械の操作を身につけ、依頼者の状況に合わせて快適な生活を約束するプロフェッショナルなのです。  大がかりな掃除はライフスタイルの変化や高齢化といったことから専門業者に委託することが多くなっているため、この資格の需要は高くなっています。加えて、自宅の掃除に役立てることができる、便利な資格ですね。

5位 収納マイスター

整理整頓は快適な生活を送るのに必要なことです。しかし、どうしてもモノが多くなってしまう現代社会において、収納の悩みを抱える方が増えています。  そこで人気が出てきているのが、収納マイスターという資格。なんといっても、ずっと付きまとうであろう収納という問題を自分で解決できるようになるのが大きな魅力ですね。1度基本を覚えてしまえば、様々な工夫をこらせるようになるでしょう。