温泉観光資格人気ランキング

温泉はブムではなくもはや生活一部です

私たちは、ちょっと時間ができると「温泉でほっこりしたいな。」なんて、つい口にしています。週明けには職場で「温泉行ってきたよ〜、見てみて!お肌すべすべでしょ。」などと行った場面に、遭遇します。日本人にとって温泉は、常に身近にあるレクリエーションとして、親しまれています。 欧米では、バスタブに浸かるという習慣さえない国がたくさんあります。私たち日本人は、お湯に浸からないとお風呂に入った気がしません。無類のお風呂好きの日本人が愛してやまない温泉のこと、もっと深く掘り下げて知りたいと思いませんか。 ただ闇雲に、温泉のことを調べるだけでなく、目的を持って温泉の勉強をしてみたいあなた、温泉資格を取って見ませんか。ここでは温泉にまつわる資格をランキング形式で紹介します。

温泉格人ランキング

第一位温泉観光アドバイザー 日本生活環境協会が認定している資格です。この資格を持ちますと、温泉観光アドバイザーとして全国の温泉に関する知識を有していることが証明されます。それぞれの温泉の所在地や泉質、温度、効能などを理解していることが求められます。また、温泉にまつわる歴史など、観光に関する知識を有していると証明されるのです。 認定試験は年6回偶数月に、在宅で受験できますので、忙しいあなたでも時間のあるときに、ご自身のタイミングで回答して見てはいかがでしょうか。試験の解答を調べることで、それまで知らなかった知識を得る、絶好の機会にもなります。 自分で学ぶ過程で、ぬるーい温泉へ行ってみたい、今度は美肌温泉に入って見たい、かつて万葉集にも乗っていた温泉はどこにある?など、新たな目標を見つけられるかもしれません。資格取得だけでなく、あなたの温泉生活を広げて見ましょう。 第二位サナトリウム健康アドバイザー 日本インストラクター協会が認定している資格です。サナトリウムとは時間をかけて療養することが必要な人のための療養所のことです。この資格では泉質の種類や、入浴方法に関する知識を有していることが証明されます。 各地の温泉に行きますと、入り口に温泉分析表が掲げてあることに気づきます。検査機関で成分分析を実施し、その温泉に入っている成分と含有量などが表示されています。サナトリウム健康アドバイザーはその温泉分析表の見方を知っていることが求められます。効能によって定められる泉質の違いを、理解しているかどうかの知識を有しているとされます。また源泉掛け流し、天然温泉などの温泉に関する言葉の意味を理解していること証明される資格です。 第三位温泉ソムリエ ソムリエとは本来、ワインを専門で給仕する人のことですが、日本ではある事柄に専門の知識を持つ人という意味で広く使われるようになりました。温泉ソムリエは半日の温泉ソムリエセミナーを受講するか、1泊二日で講義と実技を受けて取得するという、二つ種の取得方法があります。温泉を楽しみたい人が、楽しみながら受講できるものです。 第四位温泉観光士 温泉の正しい理解と温泉地の活性化をテーマに、温泉地から発祥した資格です。実施は大阪屋別府などで1泊二日のスケジュールで開催される講座を受講して得られます。温泉だけでなく温泉地の観光にも着目した内容の講義です。温泉の歴史、温泉の定義、温泉と健康など様々な分野の専門家の講義を受け、温泉道を極めるための資格です。 第五位温泉保養士 温泉医学、予防医学に基づき、温泉の持つ保険的な機能を引き出す知識と技術を習得し、温泉療法を活用した健康づくりを、安全かつ適切にアドバイスできる人材に与えられる資格です。講習を受け認定試験に合格して資格が取得できます。 手軽に楽しめる温泉を、もっと楽しむために何かの資格にトライすると、これまでの温泉の効能がもっと高められるかもしれません。あなたも温泉にまつわる資格をゲットして、一歩抜きん出た温泉マニアになれるかもしれません。