犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

うちの子は、大丈夫?

日本ペットフード協会の報告によりますと、日本で犬を飼育している世帯は、全体の14.42%、飼育頭数は9917頭で、犬を飼育している世帯では平均1.24頭の犬を飼っています。若干の減少傾向にはあるものの、犬を飼っている世帯は、さほど減ってはいません。また、犬の平均寿命は14.85歳と、長寿化は年々進んでいます。 犬を飼っている家庭では誰でも、うちの子が一番可愛いと、思っていることでしょう。さて、お散歩に出かけて、お行儀よくしていますか?室内や屋外で、無駄に吠えていませんか?急に、誰かに飛びかかったり、吠え掛かったりしませんか?

誰にでも愛される、ワンちゃんの飼い主になる

そんな愛犬家のために、犬のトレーニング資格をランキング形式でご紹介します。また、これからペットとして犬を受け入れたいと考えている方も、あらかじめ学ぶことで安心して、飼い主になれることを目指しましょう。 第一位ドッグトレーニングアドバイザー 日本生活環境支援協会が認定している資格です。犬はやたら叱りつけても、お利口にはしてくれません。ドッグゴレーニングの基礎を確認して、愛犬のトレーナーとして、基礎の知識を持っている方に与えられる資格です。 インターネットで受験の申し込みをしますと、ペット技能検定協会認定の公式テキストがついてきますので、受験に沿った勉強ができます。学習内容は、犬のしつけ•習性、トレーニング用語、行動学など犬のトレーニングに関する様々なことが学べます。犬関連のニュースや、様々な犬に関する知識も、日頃から興味を持って、覚えておきましょう。受講後は過去問や模擬試験もテキストに付属していますので、答え合わせをして復習することで、受験への自信もつきます。 第二位犬のしつけインストラクター 日本インストラクター協会が認定している資格です。犬のしつけインストラクターとして、必要な知識を有していることが証明される資格です。犬種によるしつけの違い、首輪・ハーネス・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、犬の性格に合わせたしつけの方法、食糞・加えたものを離させる、飛びつきぐせ・立ち入り禁止エリアの教え方、掃除機など音を出すものへの無駄吠え対策など、様々な知識を有していることが必要になります。 また、多頭飼育での飼育方法、成犬や老犬の管理といった、実践的なスキルも証明されます。この資格を有していますと、うちの子自慢などのペット談義に、一段上の知識でより厚みのあるペット自慢ができるかもしれません。 第三位家庭犬ドッグトレーナー ヒューマンアカデミーが行なっている、通信講座を受講して、日本ペット技能検定協会認定「家庭犬ドッグトレーナー」を目指します。我が家の犬のトレーなとして訓練の技術を学びます。 資格取得後は、実技研修も受講できますので、将来プロとして独立を目指す方には、第一歩を踏み出す資格になるかもしれません。 第四位JCSA認定「ドッグトリマー」 トリマーといえば、ペットのおしゃれの専門家として、ポピュラーです。プロフェッショナルのトリマーを目指す方向けの資格です。 ペットの被毛をカットして整える、基礎的な技術だけでなく、ペットの魅力を引き出すアレンジャーとしても技術やセンスを磨いて、資格の取得を目指します。 日本ケンネルカレッジの講座を受講して、受験資格を得られるものですので、本気で時間と費用をかけて取得する講座です。 第五位JCSA認定「ドッグトレーナー」 JCSAが認めた養成専門講座を受講して、受験資格を得ます。犬に対するしつけや、トレーニング方法、犬とのコミュニケーションの取り方、褒め方、命令の出し方、叱り方など犬について、広範囲な知識と技術を持っていると認められた方に与えられる資格です。 昔は、犬といえば屋外で鎖につなぎ番犬としての役目がほとんどでした。今では、犬と人間は家族の一員として屋内で一緒に暮らすというように、ペットを取り巻く環境だけでなく、意識も変わってきました。ドッグトレーニングの資格は、正しい知識を持って、家族の一員のしつけや、教育をすることで、誰もが犬と共生して楽しめる社会に貢献できる資格でしょう。