福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

こちらでは今口コミで評判の日本インストラクター協会が取り扱う福祉心理アドバイザー認定試験について解説しております。

福祉心理カウンセラーという資格もございますが、これとはまた別物で福祉心理アドバイザーは誰かに教えるというスキル・アクションを伴う資格となります。

日本は年々高齢化社会が進み、福祉心理アドバイザー等の資格は益々需要度が上がることが予想されます!介護や福祉関係の職業にご興味がある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

福祉心理アドバイザーとは?

”心理”という言葉のイメージから、患者様への心のケア?相談者としてお話をじっくりと聞くカウンセリングに関するお仕事のように思えますが、本質的な部分は似ているものの福祉心理アドバイザーの資格内容は専門的なカウンセラーとは少し違いがあります。 福祉心理アドバイザーは福祉に関する基本的な知識をはじめ、現場で必要となる心理カウンセリングに関する知識を”誰かに教える”、教育者(講師)として活動できる資格のことを指します。 介護関係の職場や福祉施設への就職はもちろん、カルチャースクールの講師としても活動することが可能です。 日本インストラクター協会はアドバイザーに関する資格を中心に取り扱っていることから、講座・教材内容も具体的でわかりやすいと話題になっているそうです。

福祉心理アドバイザーの口コミ・評判について

・患者様だけでなく、患者様の周りの家族へも幅広くアドバイスができる ・セミナー講師としての活動の幅が広がった ・人前で話す機会が益々増え、自信を持って人と接することができるようになった 福祉心理アドバイザー試験は在宅にて受講共に試験を受けることが可能ですので専業主婦や普段忙しいサラリーマン・OLの方もご自身のペースに合わせて学びを深めることが可能です。 心理学関係の資格は難しそうと躊躇してしまいがちですが、日本インストラクター協会では講座もわかりやすく教えてくれるほか、何より誰かの役に立つ仕事内容になりますのでやりがいを感じながら資格取得に努めることができます。 自分自身の人生に磨きをあげる為にも福祉心理アドバイザー認定試験にチャレンジしてみませんか?

福祉心理アドバイザー認定試験の試験概要について

福祉や心理学に関する教材は本屋さんで取り扱いがあるものの、独学で学ぶよりも人に教える仕事である分、日本インストラクター協会のようなプロの講座施設から直々に学ぶ方がより正しい知識を学びながら、自分自身のスキルUPへつなげることができます。 資格を取得するためにはインターネットから福祉心理アドバイザー認定試験の申し込みを行い、在宅で試験を受ける流れとなります。 受験資格も特にありませんので誰でも試験を受けることができますし、受験料自体も1万円と比較的お手頃です。(受験料は試験問題が届いた際、代金引換で支払う形となります) 試験日程自体は年に一度ではなく、偶数月(20?25日)に試験が行われますのでご自身の好きなペースで勉強・受験することが可能です。 しっかりと勉強さえすれば取得しやすい試験内容(合格基準70%以上)となりますので、これまで以上にお客様と向き合っていきたい福祉関係の職業の方や現在転職を考えている方に是非おすすめしたいと思います!