資格を勉強して、ファッションデザイナーを目指そう!

ファッションデザイナーってどんなことするの?

ファッションデザイナーはとても人気があるお仕事です。競争率はとっても高い仕事でもあります。ファッションデザイナーは、洋服の企画からデザイン、そして製品ができるまでの一連の行程に関わることができます。性別・年齢・シーズンやトレンドの要素などを盛り込み、どんな人が?どんな場面で?どんな風に着るのか?といったイメージを固めて、服のコンセプトやデザインを決めて行くのです。ファッションデザイナーにはたくさんの種類の服飾の知識や、国内・国外のトレンド、デザインの能力などが試される職業であり、人気デザイナーはその独創性や発想力にたけています。

ファッションデザイナーの仕事の流れをかんたんなご説明

1. 洋服の企画をする 年齢・性別・着る場面・ブランドコンセプトなどに合わせてコンセプトを決めます。このとき、どんな製品を作るべきかのトレンド知識も重要です。 2. デザイン画の制作 コンセプト決定後、それにそったデザインを書き出しいきます。このときに素材の材質や使用する小物、シルエットやカラーバリエーションまで考えて行きます。 3. パターンメイキング デザイン決定後は、型紙を制作して行きます。この作業はパタンナーという、パターンメイキングの専門家と一緒に行うことが多いです。 4. 洋服の仮縫い シルエットや袖、襟などのパーツを決めて行く作業です。型紙をもとに仮縫い作業をします。こちらも 5.洋服の製造作業 デザイナーは仕様などをまとめて、製造工場に指示を出して製造作業をします。 6.洋服の最終チェック サンプルのチェックをしてOKであれば、本格的な製造を開始します。

ファッションデザイナーになるには?おすすめの資格をご紹介!

ファッションデザイナーになりたい方は、まずは資格から勉強してみるのも一つの手段です。競争率の高い世界で、スクールや専門学校を卒業してくる人や、アパレルの販売の仕事をしていた人など、服飾の知識を持つ人が有利なため、他の人と競えるくらいの武器を持つ必要があります。ファッションデザイナーには必ず資格が必要なわけではないですが、資格を持っているということは一定のカリキュラムを勉強し、その知識があるという証明になる為、他の人より有利に進めることができる可能性があります。その中でも通信教育なとを利用して気軽に挑戦することができると評判の資格が、ファッションデザイナー認定試験と服飾インストラクターの検定です。どちらもインターネットのランキングや口コミで人気の資格で通信講座などで勉強することができます。ファッションデザイナー認定試験では、各種ファッションの名称や洋服の形や機能面、ファッションデザインの基礎知識を身につけることができます。それと比較して、服飾インストラクターでは、ファッションの色使いやコーディネート、服飾の基礎知識とファッションデザインに関する知識を身につけられます。 興味がある方は勉強してみてはいかがでしょうか?