趣味を仕事に!ビースのプロになれる資格ベスト3!

ビーズにも資格がある!?

趣味でビーズで遊んだ事のある女性は多いと思います。小さい頃はみんな一度は手にして何かをつくったりしましたよね。最近のDIYブームでビーズは大人にも人気になってきているのをご存知でしょうか?ハンドメイドでビーズを使ったピアスなどのアクセサリーをつくったり、雑貨屋インテリアに利用するなど、利用方法は様々。手芸店ではビーズでつくれるアクセサリーキットなど、作り方の説明書と材料がパックになっている物などが人気です。 ビーズにも資格がある事をご存知でしょうか?ビーズの資格は数種類ありますが、今回は口コミなどで評判の資格を比較して、ランキング形式で上位3つをご紹介します。

1位 ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナーは日本デザインプランナー協会が主催している検定試験で、ビーズアクセサリーの製作に必要な知識や技術のレベルが一定以上である事を証明する資格です。ビーズアクセサリーデザイナーになるには、ビーズの種類や、金具・パーツ・テグス・ワイヤー・工具など使用する物に関する基本的な知識と使い方や扱い方、そして実技もできなくてはなりません。 資格を習得すると、自宅やスクールでの講師活動や、オリジナルのビーズ商品の販売が出来るようになります。ピーズ教室を開業したい方や、アクセサリーデザイナーになりたい方におすすめの資格です。

2位 ビーズアクセサリーインストラクター

ビーズアクセサリーインストラクター 日本インストラクター協会が主催している検定試験です。ビーズアクセサリーの製作や、製作するときに必要な知識と技術を指導できると事を証明する資格です。そのため、ビーズアクセサリーデザイナーと比較すると教えるということに比重をおいた資格となっています。ピーズ教室やスクールの講師になりたい方は持っておくと良い資格と言えるでしょう。こちらの資格は通信教育で気軽に勉強する事が出来ます。インターネットから申し込み、自宅で受験することが可能です。趣味として資格を勉強したい方にもおすすめです。

3位 ビーズアーティスト

ビーズアーティストは日本能力開発推進協会が主催している検定試験です。ビーズアクセサリーの製作する楽しさを、たくさんの人に伝えていく、インストラクターとして活躍できるようになる資格です。ビーズに関する基礎知識と実技のアクセサリー製作が出題されます。初心者でも楽しみながら通信講座で理解を深め、資格を獲得できることが人気のポイントとなっています。

まとめ

資格がなくてもデザイナーや講師として活動することは可能です。資格を持っていることで肩書きをつけることができ、信頼につながる事もあります。趣味を仕事として働きたい方には、持っておくのも一つの手段になると思います。 フリーマーケットでの販売や、最近だとインターネット上でハンドメイドの商品を出品できるプラットフォームがたくさんあります。自分で製作したアクセサリーを買ってもらえる機会がたくさんあるので、テクニックを磨き、よりよい作品を作って行きましょう。自分に合った方法でビーズの世界を楽しむ事が大切です。