音楽で行う心理療法、音楽療法とは?

そもそも、音楽療法って何?

「音楽療法」あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、そもそも音楽療法とはどのようなものでしょうか?音楽療法とは、患者さんの身体的・精神的・社会的なダメージやストレスなどに対応するために、音楽を計画的に活用して行う療法です。発達障害の児童から高齢者までその対象は様々です。かんたんな例をあげると、老人ホームなど高齢者のグループなどでは、馴染みのある音楽をみんなで歌ってみる事などをします。すると、グループの中のコミュニケーションが促進され、会話が活発になることによって生活の改善や気力の改善になります。音楽を通してよりグループ活動に馴染みがやすくなったり、活性化するため、結果として精神的・身体的にもストレスが軽減し、集中力や認知能力が講じようするのです。

音楽療法を学びたい!音楽療法士になるには

音楽療法は専門の知識を得て、資格をもった音楽療法士によって行われます。 日本音楽療法学会認定の音楽療法士になるには、日本音楽療法学会正会員になるなどの条件をクリアした後、学会が主催する資格試験受験のためのスクールに参加し、一定の単位を獲得後、学会認定音楽療法士の筆記試験と面接を受験し、それに合格した人に日本音楽療法学会認定の音楽療法士という肩書きが与えられます。なかなか難易度の高い資格といえるでしょう。音楽療法興味がある方や、音楽療法の基礎知識を手軽に学びたい方は、もっと難易度を下げて挑戦できる民間資格に挑戦するのがおすすめです。ここでは、メンタル心理ミュージックアドバイザーと音楽療法インストラクターの資格をご紹介します。こちらま資格では、習得後に学んだ資格の知識を生かした仕事への就職や、講師活動などもできるため、取得後も生かす事ができる民間資格となっています。

メンタル心理ミュージックアドバイザーと音楽療法インストラクターの資格

メンタル心理ミュージックアドバイザーと音楽療法インストラクター、この2つの資格は、音楽療法についての基礎知識を身につけることができると評判の資格です。受験者の口コミなどを見てみると、音楽療法士になりたいけど、現在仕事もしているため、なかなか学会の行う教室まで行く事が出来ない方や、音楽療法士に興味はあるけれども費用はお手軽なものにしておきたい方、音楽療法について趣味で勉強して見たい方などが、通信教育や通信講座のカリキュラムを勉強して受験しているようです。 メンタル心理ミュージックアドバイザーは医療機関てせ働く人や、リハビリセンター、介護老人福祉施設で働くような方の気になる民間資格のランキングではセラビーなどと競って上位にランクインされており、人気のある検定です。音楽療法インストラクター と比較すると、メンタル心理ミュージックアドバイザーの方がよりプロ向きの資格であり、一方、音楽療法インストラクターは音楽の歴史や効果などの様々な種類の音楽の知識をつけ、よりプライベートやライフスタイルを良くするための資格と行っても良いかもしれません。口コミなどを比較をして自分に合う資格の勉強をしてみることをお勧めします。