風水って一体何?幸運をつかむために風水を知ろう!

風水って何?

風水や占いを本気では信じてないものの、朝のニュースの占いなどで、ふとした瞬間、方角や色など気になってしまう方も多いと思います。テレビや雑誌などでよく聞く言葉ですが、風水とは何かご存知でしょうか? 風水とは、かんたんにまとめると、運をよくするための考え方・ルールのようなものです。運勢はまわりの環境で決まるとさらており、その環境を見直し、改善することで、幸運や良い気の流れを呼び込むことができます。風水では色・衣食住・方角などをよく聞きますが、実際に心理学でも効果があるとされているものも多いです。よく「気の流れの良い場所」に住んだ方がいい!と言われたりしますが、「気の流れの良い場所」とは居心地のよいリラックスできる空間のことです。住む人の健康や精神面にも良い影響を与える空間をさしており、自然エネルギーと調和した良い環境を知るための古来からの考えを風水と覚えましょう。

風水の基本の考え方とは?

オカルトのイメージをもつ人も多いと思いますが、風水は自然エネルギーをコントロールするための学問です。 風水の基本思想は陰陽・五行です。陰陽とは、全てのものは互いに対立する性質を持った2つの気で成り立っているという考え方です。例えば男・女や、右ろ左、天・地などです。五行とは、自然界のすべては木・火・土・金・水の5つの要素で成り立っているという考え方です。5感、5体など多くのものが、五行にあてはめられています。

風水師のする住宅鑑定ってどんなもの?

実は風水はいろいろな事に活用されています。一番人気なのは、住宅の風水鑑定です。 住宅購入で場所や設計などを比較したり、玄関の一や向き、家の方角など、様々な種類の観点から「気の流れの良い場所」かを調べる鑑定です。この場合は風水で自然のエネルギーである「気の流れ」がいかに取り込めるようにするかをアドバイスしてもらいます。そこには、太陽のあたる時間帯や風通し、近隣の道路の状況や河川の有無など、たくさんの環境を把握し、分析ます。部屋のレイアウトとして取り入れるだけでなく、邪気を払って運気を上昇させる役割もあり、以前の状態からの改善して運気が上がる効果もあるようです。 実は、住宅鑑定風水インストラクターという日本インストラクター協会主催が認定している資格もあり、最近では学問として住宅に関する風水も認められつつあります。住宅鑑定風水インストラクター試験では、五行・陰陽などの基本の風水の基礎や、風水における視点から、住宅を鑑定する知識を学ぶ事が出来ます。スクールや通信教育で気軽に勉強できるため、風水の視点から住宅鑑定をできるようになりたい方にはオススメの資格です。 住宅鑑定を依頼する場合は風水師の口コミや評判のランキングなどを参考にして、情報収集をしてから依頼しましょう。

セラピストも風水!風水セラピー!

最近ではセラピストの方にも風水の考えが人気です。カラーセラピーと風水や、アロマセラピーと風水など、風水の考え方を生かした上でカウンセリングをする方が増えています。風水の視点から、家の中やオフィスなど様々な環境に合わせて「気の流れ」をよくするためのアドバイスができます。 風水セラピストという資格もあり、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定しているほどです。こちらも通信講座などで受講することができ、試験も自宅でインターネットから受ける事ができるため、働いている方でも気軽に挑戦できると人気となっています。風水セラピストになるには、基本的な風水の知識やセラピストとしての必要な知識を勉強できるため、便利な資格です。