POPデザイナー認定試験口コミ評判

POPデザイナー認定試験について

主催団体:日本デザインプランナー協会 受験費用:10000円 受験申し込み:インターネットから。 受験場所:在宅 POPデザイナー認定試験はPOP作成に関して一定以上の知識や技術を持っていることを証明するための資格です。POPとはよく本屋さんや薬局、レストランなどでみるようなペンや紙を使って可愛らしくわかりやすく商品の説明がしてあるもののことを指します。書き方やデザインはお店によって細かく異なり、POPが可愛いとつい商品が欲しくなることもあるのではないでしょうか。そんなPOPは広告としては人気の一つであり、販売促進に欠かせないツールなのです。POPは基本的に手描きですからその作成のためにはセンスや技術が必要となります。POP独特のフォントや色の使い方も知っておかなければなりません。ただ可愛いだけでなくそこから必要な商品の情報や価格なども伝える必要があります。そのためPOP作成のために必要な技術や知識、活用方法などを正しく身につけて活用するためにPOPデザイナー認定試験が作られました。広告業界や、販売業などPOPを活用する場面で活躍できる資格です。

日本デザインプランナー協会について

POPデザイナー認知試験は日本デザインプランナー協会が主催している資格の一つです。POPデザインは比較的新しい資格ですがそのほかにもデザインやインテリア、手芸などの関連資格を多く主催しています。時代のニーズにあった資格を次々と行っているのが魅力の一つで、関連する仕事で働いている方から注目されています。また試験に合格するとそれぞれの認定証をもらうことができるので就職や転職の際には自分の能力の証明となり、また企業側からしても採用基準の一つとして活用できるので人気です。 また仕事で生かすのみでなく趣味として資格を取得したい方にもオススメの資格がたくさんあり、人生をより豊かにしたいという方に人気です。楽しんで勉強しながら資格を取得して仕事や趣味の幅を伸ばすことができます。また資格を取得したのちには自宅やカルチャースクールで講師として働くことも考えられるので趣味を仕事に変えることもできます。

POPデザイナー認定試験の口コミ評判

POPデザイナー認定試験はほかにPOPの能力を測るような資格が少ないこともあって人気です。POPを書く技術を客観的に評価してくれるので転職や就職の際のアピールにもなります。また最も魅力的なのは通信講座が用意されていて勉強しながら資格合格を目指すことができることと、在宅での受験が可能なことです。申し込みから受験まで家にいながら気軽にできるようになっているので仕事をしている方でもすぐに挑戦することができます。また合格基準は70パーセント以上の得点率でしっかりと勉強すれば誰もが合格を目指すことができる基準になっています。POPのデザインが初心者という方も勉強すればプロになることができるので仕事でなくても趣味として取得する方も多いようです。また資格を取得すると講師としての能力も認められるので趣味を超えて仕事にすることも考えられます。POP広告に少しでも興味のある方やデザインをしてみたいという方にオススメです。