POPライターになれる!?POP広告ってどんなもの?

POP広告って何?

POP広告とはお店などに飾ってある販売促進のための広告のことです。などわかりやすい例は、ドン・キホーテや薬局マツモトキヨシなどで店内に飾られている「口コミで話題の商品!」や「本日特売!おすすめ!」などと書いてある商品案内ボードです。タワーレコードなどでもたくさんのアーティストのボードが目に入りますよね。良い商品を並べるだけではなく、商品を知ってもらう必要があります。そのため、新商品やおすすめの商品の販売手段としてPOP広告はいろいろな商業施設で重宝されています。商品の良い所などの紹介を読みやくわかりやすいキャッチコピーをまとめたり、使用した感想をまとめるなど、その商品が良い理由、おすすめな理由を伝えてるために使用するアイテムがPOPです。

POPの書き方をご紹介!

POP広告は要するにお客様にこの商品を買った方が良いですよ!とお知らせすることが目的です。そのため、目につきやすいデザインや色使い、そしてパッと見て何が書いてあるかわかるようなキャッチコピーが必要です。長い文章を小さい文字で書いてあってもお客様は読んでくれません。POPを作成するときには、このポイントを忘れないようにしましょう。 ポイント1.キャッチコピーは簡潔でわかりやすく できるだけ大きく簡潔に書きましょう。人気・おすすめ・新製品などの伝えたい言葉ところは目立つようにしましょう。 ポイント2.デザインは派手に!目を引くように! 基本は2色。例えば補色を使ったり、赤や黒など、とにかくわかりやすくしましょう。 ポイント3.とにかく見やすく!イラストなども効果的! きれいな字で見やすく。伝えたい内容がわかるようなイラストを入れると目立つ上にわかりやすいので一石二鳥です。

POPライター、POPデザイナーになるには?

POPデザインは手書きの場合も多いため、イラストを書く事が好きな方が適しています。実はドン・キホーテでは全部手書きなんです!また、飾り文字なともかけなければなりませんので、デザインの基礎知識を学ぶ必要があります。そのため、デザインの教室に通われる方も多いです。就職先については基本的には大きめの商店がメインです。百貨店、ドラッグストア、スーパー、小売店などが多いです。POPコンテストなどもあるので、入賞を目指してみたり、資格を取得することも肩書きになるので就職に有利です。

POPの勉強に使える!?POPの資格!

実はPOPにも何種類かの資格や検定があります。その中でも口コミやインターネットのランキングなどで人気の資格が、POPデザイナー認定資格とPOPライターインストラクターです。POP作成の順序やキャッチコピーの考え方、まとめ方、デザインの仕方などを通信教育やスクールを利用して気軽に勉強できるのが人気のポイントです。通信講座であれば、家事や仕事の合間に自分のペースで進めることができますね。POP制作に興味がある方は自分が興味があるのはどちらの資格かを比較して勉強してみてはいかがでしょうか?