教室おけいこ見つけ隊

" alt="人気のマインドフルネス資格5選!難易度や取得方法を解説">
教室おけいこ見つけ隊コラム Vol. 3
人気のマインドフルネス資格5選!難易度や取得方法を解説
2022.12.13
「マインドフルネス」はご存知ですか?
「マインドフルネス」は自分自身と向き合い物事を正確にとらえることで、ストレスを軽減する方法です。
最近企業からも注目されています。
「マインドフルネス資格」は「マインドフルネス」について正しい知識と手技を身につけている方が取得できる資格です。
仕事に「マインドフルネス」を取り入れたい方や「マインドフルネス」で生き方を見直したい方は、ぜひ「マインドフルネス資格」を取得しましょう!
「マインドフルネス」の正しい考え方が身につきますよ。
この記事ではおすすめの「マインドフルネス資格」や難易度・取得のメリットについてご紹介していきます。
目次

01マインドフルネス資格とは?

マインドフルネスと聞くと瞑想を思い浮かべることが多いでしょう。
しかしただ瞑想するだけではありません。

現在としっかり向き合い、起きている事柄と正面から向き合うことでストレスを軽減できます。

「マインドフルネス資格」はマインドフルネスの正しい知識や考え方・方法を身につけた方が取得できる資格です。

02マインドフルネス資格の難易度は?

マインドフルネス資格は国家資格ではありません。
民間団体が認定する認定資格です。

さまざまな資格があり難易度も異なります。
しかししっかり知識と実践方法を身につければ比較的簡単に取得できます。

ただマインドフルネスについての専門知識が必要なので、全く勉強せず資格を取得するのは難しいでしょう。

03マインドフルネス資格を取得するメリット

マインドフルネスを行うために資格は必須ではありません。
ではマインドフルネス資格を取得して得られるメリットは何でしょうか?
メリットを3つご紹介します。

3-1集中力が高まる

マインドフルネスは瞑想を通して自分自身と向き合い、ストレスを軽減させる方法です。
マインドフルネス瞑想を通してリラックス効果だけでなく集中力も身に付きます。

しかし正しい方法で行わなければ効果は期待できません。
マインドフルネス資格取得を通して正しい方法を身につければ自然と集中力も高まります。

3-2自己肯定感が高められる

近年「自己肯定感」が低く、何事もうまくいかないと悩む方が増えています。
自分自身を大切に思い、存在意義を認められないと自分や相手を追い詰めがちになってしまいます。

マインドフルネスの考え方を身につければ自分と向き合う時間が増え、自己肯定感を向上させられるでしょう。

3-3本業に活かせる

現在マインドフルネスを取り入れる企業も増えています。
アップルやグーグル・フォードなどの大企業が社員研修の一環としてマインドフルネス瞑想を取り入れたという話は有名です。

マインドフルネスを導入後チームワークがよくなったり、生産性を向上させることに成功したりする企業があります。
本業でマインドフルネスを実践して組織力を高めることもできます。

04おすすめマインドフルネス資格5選

ここからはおすすめのマインドフルネス資格を5つご紹介します。

4-1マインドフルネスセラピスト

マインドフルネスセラピストは日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している資格です。
マインドフルネス瞑想についての基本的な知識を有していると証明してくれます。

マインドフルネス瞑想の知識と効果・注意点・さまざまな方法について十分理解していないと取得できません。
資格取得後はマインドフルネスセラピストとして活動できます。

受験資格 誰でも可能
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上

合格基準が70%と高くないので比較的取得しやすい資格です。

4-2瞑想インストラクター

瞑想インストラクターは日本インストラクター技術協会が認定する資格。
マインドフルネス瞑想と一般的な瞑想の違いやストレスとの関係、記憶力・集中力・免疫力などについて十分な知識を持っていると証明してくれます。

マインドフルネス瞑想に欠かせない呼吸法や感情のコントロール法などマインドフルネス瞑想の実践方法について理解していなければなりません。

受験資格 誰でも可能
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上

こちらの資格も合格基準はそれほど高くなくテキストベースの試験のため難易度は高くありません。

4-3マインドフルネススペシャリスト

マインドフルネススペシャリストは一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格です。
雑念や情動などに支配されることなく平常心を維持でき、モチベーションや幸福感を高めた上で、自己実現に必要な「心のしなやかさ」を保てるだけの知識やスキルを備えていることを証明してくれます。

受験資格 協会指定の認定教育機関のカリキュラムを修了した者
受験料 5,600円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上

この資格を取得するには協会指定の講座を受講しなければいけません。
そのため受験料の他に講座受講料が必要です。

講座でしっかり勉強すれば取得は難しくありません。

4-4国際コーチ協会認定マインドフルネスコーチ

国際コーチ協会認定マインドフルネスコーチは国際コーチ協会の認定資格。
世界に通用するマインドフルネスの知識と手技を持っていると証明してくれます。

受験資格 協会指定の講座を受講した方
受験料 非公開
受験方法 非公開
合格基準 非公開

国際コーチ協会認定マインドフルネスコーチを取得するためには、マインドフルネスコーチ資格取得コースのベーシックとアドバンスコースを受講しなければいけません。
その後審査を経て資格取得できます。

国際的な資格を目指したい方にはおすすめの資格です。
しかし講座受講料はベーシックコースが330,000円(税込)アドバンスコースは385,000円(税込)と、費用が他の資格よりかかります。

4-5マインドフルネスコンサルタント

マインドフルネスコンサルタントは一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定する資格です。
現在としっかりと向き合い発生する事象の一つひとつに判断を加えずに向き合うことで、ストレスを軽減できる心理学的考え方を身につけた専門家であると証明してくれます。

受験資格 協会指定の認定教育機関の講座を修了した者
受験料 非公開
受験方法 在宅受験
合格基準 非公開

こちらの資格は協会指定の講座を受講しなければいけません。
受験料は講座受講料に含まれています。

講座でしっかり勉強すれば簡単に資格取得できますよ。

05マインドフルネス資格の取得方法は?

マインドフルネス資格を取得する方法は、大きく分けて「独学」と「講座・スクールで学ぶ」2つの方法があります。
それぞれメリットとデメリットを踏まえて自分に最適な方法を選ぶといいのではないでしょうか?

5-1独学

参考書やインターネットを利用して自分で学ぶ方法です。

この方法のメリットは時間に縛られず自分で学習を進められること。
また費用を最小限にできるのも魅力です。

忙しくて時間が取れない方やなるべくお金をかけたくない方は独学でも資格取得を目指せます。

しかし独学には大きなデメリットがあります。
それは挫折してしまう人が多いこと。

自分一人で勉強しているので励まし合える仲間や質問できる先生がいません。
モチベーションを維持できなくなり学習をやめてしまう人がたくさんいます。

また正しい学習方針を立てられていないと不要な学習に時間を取られたり、必要な分野の学習が抜けてしまったりと学習にロスが生まれます。
インターネットを利用しながら学習を進めたい方はその情報が本当に正しいのか見極める必要もあります。

資格取得にむけて自分で適切な計画を立て、着実にすすめられる意思の強い方しか独学で資格取得は難しいのではないでしょうか。

さらに資格によっては指定の講座を受講しないと取得できないものも。
取得できる資格が限られてしまうので、受験条件を見ながらどの資格を取得するか考える必要があります。

5-2講座・スクールで学ぶ

講座やスクールを受講する方法です。
対面で直接講師に教えてもらう方法と通信講座で学ぶ方法があります。

特におすすめなのが通信講座で学ぶ方法です。
いつでも自分の都合のいいタイミングで学習を進められます。

わからないことをすぐに講師に聞ける環境が整っていたり、オンラインで他の受講生とつながりがもてたりと充実したサービスを受けられます。
資格取得のためにわかりやすいテキストが用意されているので無駄なく必要な知識を習得できますよ。

ただ独学と比べると費用がかかる点がデメリットです。
多くの講座で数万円の受講料が必要になります。
しかしなるべく早く確実に資格を取得したいのなら講座・スクールで学ぶことをおすすめします。

また資格によっては指定の講座を受けないと受験できないものもあるため、どの資格を目指すのかを踏まえて考えるといいでしょう。

06マインドフルネス資格取得なら同時に2つ取得できる通信講座がおすすめ!

マインドフルネス資格を取得したいなら通信講座の「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」が特におすすめです!
こちらの講座は「マインドフルネスセラピスト」と「瞑想インストラクター」の2つの資格を同時に取得できます。

さらに講座修了と共に認定資格を取得できる試験が免除されるコースも用意されています。
サポート体制もしっかり整えられ、わかりやすいテキストが好評です。

最短二ヶ月で資格取得が目指せます!
確実に早く資格を取得したい方は、ぜひ「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」をご覧ください。

07マインドフルネス資格を活かせる仕事

マインドフルネス資格はどのような仕事に活かせるのでしょうか?
具体的な例を3つご紹介します。

7-1セラピストとして活動する

マインドフルネス瞑想を用いてセラピストとして活動することができます。

自己肯定感が低く悩みを抱えている方はたくさんいます。
そのように困っている方の話を聞きながらマインドフルネス瞑想を取り入れれば、心が落ち着き冷静に物事を考えられるよう導くことが可能です。

7-2マインドフルネスの講師

マインドフルネス資格で得た知識を活かして講師として活躍することもできます。
マインドフルネスを行いたい方を対象にカルチャースクールや教室を開くのもいいでしょう。

また最近は企業と契約を結び、社員にマインドフルネス瞑想を指導する方もいます。
マインドフルネスのスペシャリストとして活躍できるのではないでしょうか?

7-3カウンセラーのスキルアップ

マインドフルネスは医療業界からも注目されています。
すでに病院でカウンセラーとして働いている方はスキルアップの一環としてマインドフルネス資格を取得する方もいます。

マインドフルネスの正しい知識と方法を身につければ、さらに患者さんへ効果的な治療を提供できるでしょう。

08まとめ

マインドフルネスは誰にでも簡単に実践できます。
しかし誤った方法で行っても効果は得られません。

正しい方法と実践方法で行うためにもマインドフルネス資格取得はとても役に立ちます。
マインドフルネスを職業としていきたい方だけではなく、マインドフルネスを生活に取り入れたい方もぜひ資格取得を目指してみてください。

エリアから見つける

北海道・東北
北陸
関東
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ジャンルから見つける