" alt="チョコレート資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介">
教室おけいこ見つけ隊コラム Vol. 115
チョコレート資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介
2023.05.18
チョコレートは、世界中で愛され、食べられているスイーツの1つです。
今やチョコレートは甘さ、美味しさだけでなく、美容や健康への効果の期待が高まっています。
そんなチョコレートの本格的な知識と技術の習得は、就職や転職では優位に立てます。
本記事ではチョコレートに詳しくなりたい人やチョコレートの魅力を広めたい人へおすすめのチョコレートの資格について、その必要性や活かせる場所、年収等をまとめました。
目次

01チョコレートについて

チョコレートは、カカオを原料としてその種子を発酵・焙煎したものに、砂糖・ココアバターを混ぜて作られたスイーツです。
さまざまな種類が作られており、カカオの配分量によって下記の通り区分されています。
  • ビターチョコレート
  • スイートチョコレート
  • ミルクチョコレート
  • ホワイトチョコレート

成分・カカオの配合率や調理方法によって、さまざまな味わいや口当たりを見せてくれるチョコレートは、お菓子作りには欠かせない存在です。。
また、カカオにはポリフェノールをはじめ、食物繊維やミネラルなどの身体に良い成分が豊富に含まれており、美容や健康面でも大きく注目されています。

02チョコレートの資格の必要性と学習方法

チョコレートを食べると「ニキビができやすくなる」「太る」などマイナスのイメージを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
しかし、チョコレートの原料のカカオには豊富なポリフェノールが含まれており、さまざまな効能・効果が期待されています。
カカオには、ブルーベリーや赤ワインよりポリフェノールが多く含まれています。
そのため、効率よくポリフェノールを摂取するにはチョコレートを食べるのが効果的で、下記の効果が期待できます。
  • 血管を広げる作用で血圧を抑える
  • 動脈硬化を予防する
  • 活性酸素を抑制する
  • 脳を活性化する
  • 紫外線による活性酸素を除外し肌の保護を促す

このようにポリフェノールには、世間で多く認識されているイメージとは逆に、実は多くの美容や健康効果があるのです。
さまざまな効果が期待できるチョコレートについて専門的に学習するには、専門学校への通学や通信講座を受講する手段があります。
専門学校へ通う場合、チョコレートだけでなくスイーツ全般の知識の習得が出来ますが、学費や通学費など費用面での負担が掛かります。
また、卒業までに多くの時間を要します。
一方、通信講座であればチョコレートについて専門的に学びつつ、専門学校へ通うよりも時間・費用面での負担を最小限に抑えられます。
育児や家事、仕事と両立しつつ学習を希望している人は、通信講座での学習がおすすめです。

03ショコラティエの仕事内容・主な勤務場所・年収

ショコラティエとして働き始める場合、勤務場所や企業、その部署によって年収が異なります。
ここでは主な勤務場所について、仕事内容を交えて紹介していきます。

3-1チョコレート専門店・洋菓子店

チョコレート専門店・洋菓子店では、下記の業務を行います。

  • チョコレートの販売・仕入れ・管理
  • お店の運営
  • 接客

チョコレート専門店・洋菓子店で働く際には、そのお店で取り扱っているチョコレートの知識が必要です。
専門的な基礎知識があれば、取り扱っている商品の種類・特徴は覚えやすくなります。
また、チョコレートの知識を活かしてお客様の好みに合わせたチョコレートの提案や、チョコレートの効果の紹介によって、お客様に喜んで貰えます。
このようなチョコレートに詳しいスタッフのいるお店は、お客様を笑顔にでき、お客様からの信頼を得られるでしょう。
年収に関しては、一般職であれば、240万円〜480万円と幅があります。
店長クラスになると、年収400万円〜500万円ほどです。
お店の立地や知名度、経験や知識の有無によっても年収は変わります。

3-2お菓子・食料品メーカー

チョコレートは多くのお菓子に使われており、美容・健康面の注目度から今後も継続的な需要が期待できます。
お菓子・食料品メーカーでの仕事は多岐に渡り、配属される部署によっても異なります。
しかしながら、資格保有者はその専門的な知識を活かすためお菓子の生産サポートや工場の管理、商品開発などの仕事に携わる可能性が高いと言えます。
年収に関しては、所属部署によって異なりますが、240万円〜480万円が一般的です。

3-3カルチャースクール

資格取得の勉強で習得したチョコレートレシピを用いて、カルチャースクールで講師としての活躍も可能です。
また、バレンタインデーやクリスマスが近づく時期は、チョコレートスイーツの需要が増えます。
そのタイミングで、チョコレートスイーツを作る教室を開講できます。
勤めている企業や講師活動の内容によって異なりますが、カルチャースクールの講師の年収は、平均530万円ほどです。

04ショコラティエとしてのやりがい

ショコラティエのやりがいは、大きく2つです。
  • お客様の笑顔が見える、笑顔に出来る
  • 人と人を繋げられる

チョコレートには、甘みや美味しさだけでなく、カカオの香りなどさまざまな魅力がたくさん詰まっています。
多くの魅力を秘めたチョコレートで制作したスイーツは、手にした人たちを笑顔にできます。
お客様に幸せな時間を提供できるのは、ショコラティエにとって大きなやりがいの1つと言えます。
また、ショコラティエの作り出すチョコレートは、人と人を繋ぐ懸け橋にもなります。
クリスマスやバレンタインデーのような特別な日に、大切な人へのギフトとしてチョコレートを贈るお客様に出会え、チョコレートの魅力が伝わればやりがいを感じられます。

05チョコレートの代表的な資格

チョコレートにはさまざまな検定があります。
本記事では、その中で代表的な資格である4資格を紹介します。

5-1ショコラティエ

ショコラティエは下記について学べ、その知識を習得した人に認定される資格です。

  • 産業の発展
  • カカオの発芽や収穫まで
  • 製菓用、生チョコレートの知識
  • 製造工程
  • 保存方法
  • ショコラスイーツ など

製造過程やレシピだけでなく、チョコレートの豆知識に関しても学習したい人におすすめです。

5-2チョコレートマイスター

チョコレートマイスターは、下記の知識を保有していると認定する資格です。

  • チョコレートの起源・革命・伝来などの歴史
  • 原料・成分・カカオについて
  • 種類・栄養
  • テンパリング・テイスティング

また、ドリンクやザッハトルテなど、チョコレートスイーツのレシピを学べます。
美容や健康に効果的なチョコレートスイーツを作り、家族や友人へプレゼントすれば喜んでくれるはずです。

5-3チョコレート検定

チョコレート検定は、大手菓子メーカーの株式会社明治が作った検定です。
チョコレートスペシャリスト(初級)・チョコレートエキスパート(中級)・チョコレートプロフェッショナル(上級)の3段階あり、下記内容を学習できます。

  • カカオの生態
  • チョコレートの製造法
  • チョコレート関するストーリーなど

チョコレートの文化を広めたい人におすすめの資格です。

5-4チョコレートソムリエ

チョコレートソムリエは、フォーミーと一般社団法人 日本能力教育促進協会(JAFA)が共同主催している資格です。
チョコレートの長い歴史や、カカオ・チョコレートの基礎知識を学びます。
また、多彩な表現力を持つチョコレートのさまざまな要素の深い理解が必要です。
身体に良くないと思われがちなチョコレートの効果効能を学べ、誤った情報に振り回されない専門的な知識を習得できます。

06ショコラティエになるためにおすすめの資格

チョコレート専門店やメーカーで就職する際、チョコレートに関する資格は問われません。
しかし、資格取得は専門的な知識を持っていると客観的に証明でき、就職や転職時の後押しとなります。
そんな証明書にもなり得るショコラティエになるため、おすすめ資格を2つご紹介します。

6-1ショコラティエ

ショコラティエ資格は、チョコレート発展の歴史、カカオに関して専門的な知識を保有していると証明する資格です。
また、トリュフやガトーショコラなどのチョコレートスイーツに関して学習できます。
試験では、下記の知識が問われます。

  • カカオの歴史
  • チョコレートの製造法・工場生産
  • チョコレートの栄養成分など

試験概要は下記の通りです。

受験料 10,000円(税込み)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
申込方法 インターネットからの申込み

また、試験日程に関しては、下記の通りです。

資格検定試験 2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12月の1年に6回)
申込期間 該当月の1ヶ月前の初日から末日まで例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から31日まで
試験期間 該当月の20日から25日の間
答案提出期限 該当月の30日必着※2月のみ28日必着
合格発表 翌月の10日

申し込み期間は試験1ヵ月前の1日~末日までで、6日間の試験期間が設けられています。
提出期限までに解答用紙を返送し、試験は完了です。
会場や受験日の指定がなく自宅で受検できるので、忙しい人には有難いスケジュールではないでしょうか。

6-2チョコレートマイスター

チョコレートマイスターは、チョコレートの歴史や原料、成分について十分な知識を見つけた人へ認定される資格です。
チョコレートには、ポリフェノール・テオブロミン・ビタミンなどの栄養成分が含まれており、その栄養成分についても学べます。
また、下記のスイーツの作り方に関する知識があると証明されます。

  • タルトやガトーショコラなどのチョコレートケーキ
  • トリュフ
  • エクレアなど

資格試験では、下記内容が問われます。

  • カカオの品種や産地
  • チョコレートの製造法の分類
  • チョコレート加工の種類など

試験概要は下記の通りです。

受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
申込方法 インターネットからの申込み

日程や、申し込み期間等は下記の通りです。

資格検定試験 2ヶ月に1回開催(2,4,6,8,10,12の1年に6回)
申込期間 該当月の1ヶ月前の初日から末日まで例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から31日まで
試験期間 該当月の20日から25日の間
答案提出期限 該当月の30日必着※2月のみ28日必着
合格発表 翌月の20日

2ヶ月に1度のペースで開催されるため、年6回試験に挑戦できます。
また、試験日が決まっているのではなく、6日間の試験期間が設けられているのが特徴です。
自宅で受験が可能なため、忙しい人でも受験のスケジュールを調整しやすいでしょう。

07資格取得におすすめの資格講座

ショコラティエ、チョコレートマイスターを効率よく学習し、2つの資格を取得するには通信講座での学習が効率的です。
ここでは、2つの資格を取得できる特別講座を用意している通信講座を紹介します。

7-1チョコレートマイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングは、講座のテキストや問題集、添削課題はプロの先生によって監修されています。
また、専属講師が生徒1人1人につき、回数無制限の学習サポートが充実しています。
そのため、初めての通信講座で不安な人でも安心して受講できます。
講座には2つの種類があります。

  • 基本講座
  • スペシャル講座

どちらもショコラティエ、チョコレートマイスターの資格について学べます。
基本講座の内容は下記の通りです。

対象となる資格 チョコレートマイスター
ショコラティエ
受講料 59,800円(税込)
分割 3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間 6ヶ月※最短2ヶ月
添削回数 5回

初期費用をなるべく抑えたい人は基本講座がおすすめです。
また、どちらか一方の資格取得で問題ない人は基本講座の選択が適しています。
一方、スペシャル講座の内容は以下の通りです。

対象となる資格 チョコレートマイスター
ショコラティエ
受講料 79,800円(税込)
分割 3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間 6ヶ月
※最短2ヶ月
添削回数 5回+卒業課題1回

スペシャル講座では、卒業課題を提出し課題の合格を以ってショコラティエ、チョコレートマイスターの2資格を同時に取得できます。
スペシャル講座は、基本講座より2万円高く受講料が設定されていますが、基本講座を受講の場合でも受験費用が各1万円ずつ掛かるため料金での損はありません。
2つの資格を確実に取得したい人はスペシャル講座がおすすめです。

7-2チョコレート資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンは、各資格協会に認定されたカリキュラムを採用しています。
1日30分の学習を続けた場合、半年で資格取得が目指せます。
そのため、ショコラティエ、チョコレートマイスターの2つの資格取得に向けて効率よく学習できます。
対象講座は2種類あります。

  • チョコレート基本コース
  • チョコレートプラチナコース

基本コースでの内容は下記の通りです。

対象となる資格 チョコレートマイスター
ショコラティエ
受講料 59,800円(税込)
受講期間 6ヶ月
※資格取得まで最短3ヶ月
添削回数 5回

ご自身で試験へ申し込み、受験する必要がありますが、どちらか1つの資格取得で問題ない人には基本コースが適しています。
一方、プラチナコースの内容は下記の通りです。

対象となる資格 チョコレートマイスター
ショコラティエ
受講料 79,800円(税込)
受講期間 6ヶ月
※資格取得まで最短1ヶ月
添削回数 5回+卒業課題1回

プラチナコースでは、資格試験料金の準備、資格試験へ向けた学習の必要はありません。
卒業課題を提出し、添削後合格を以って2つの資格を同時に認定されます。
また、試験期間を待たずに資格取得が確実にできるメリットもあります。
早期に取得を目指している人、確実に2つの資格を取得したい人にはプラチナコースの受講がおすすめです。

08チョコレート資格を取得して自身のキャリアを広げよう

チョコレートは美味しさに留まらず、健康や疲労への効果が期待され、注目度が高まっています。
今後チョコレートに関する専門知識を持った人材の需要も高まっていくと予想されます。
今後のさらなる需要に備え、今動き出す必要があります。
その一歩は近い将来、チョコレートのプロとしてさまざまな活躍の場を設けてくれるでしょう。
資格取得後、活躍する自分を想像しつつ、まずは通信講座の資料請求から始めてみませんか。

エリアから見つける

北海道・東北
北陸
関東
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ジャンルから見つける