" alt="ルーン占い資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介">
教室おけいこ見つけ隊コラム Vol. 118
ルーン占い資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介
2023.05.18
占術のひとつである「ルーン占い」を知っていますか。
24のルーン文字で占う「ルーン占い」は、古代ヨーロッパから伝わる伝統的な占いです。
「ルーン文字」という特殊な文字を利用して占うため、その文字を学ばずに占術をマスターするのは難しいです。
古来より神秘的なものとして愛されてきた「ルーン占い」は、どのように学ぶのが良いのでしょうか。
おすすめの学習方法や通信講座、資格取得まで解説していきます。
目次

01ルーン占いとは?

古代ヨーロッパより伝わる伝統的な占いの「ルーン占い」は、「ルーン文字」という24種類ある特殊な文字を使用して占術を行います。
ルーン占いの大きな特徴は、短期的な運勢や現在進行系の悩み、内面の気持ちなどを読み解くのに適しているということです。
「いつ結婚できますか」や「○歳で運気が変わります」など、占いでよく耳にするような「長期的な未来」について占うものではありません。
古代ヨーロッパにおいて呪術的な意味合いも含まれていたとされるルーン占いは、上記に述べたような特徴や、ルーン文字から得るインスピレーションも必要です。
そのため、占いを経験しているほうが有利に働くことから上級者向けとも言われています。
このように、知識だけではなく、ルールやその意味や文字の読み取り方に深く精通している必要があり、正しい知識が必要とされる占いであるということが分かります。

02ルーン占いの資格の必要性と学習方法

「ルーン占い」は占いの初心者だけでなく、上級者も学べる関連書籍が多く販売されており、インターネットなどでは、ルーン占いの簡単な知識であればすぐに得られるでしょう。
しかし、膨大な情報量の中で何が正しいのかを精査し、ルーン占いの学習をするのには、非常に効率の悪い学習方法です。
ルーン占いの資格取得を目的とした場合、書籍やインターネットでの学習方法は、試験に特化したものではないため、資格取得の学習に適していないことは一目瞭然です。
他にもルーン占いの学びの方法には、師範となる占い師から学んだり、関連セミナーなどに参加したりして学ぶといった方法もあります。
これらの学習方法は、実践スキルの面で効果のある学習方法です。
しかし、単発のセミナーなども多く、自分の学びたいポイントだけを学びたい場合や、より深く知識を取得したい場合には適していません。
また、時間や交通費などを考慮すると、現在の生活スタイルを維持したまま学びたいという場合には困難な学習方法です。
効率よく学び、正しいルーン占いの知識を身につけたい方や、学習した成果を資格取得で形にしたい方には、通信講座の利用がおすすめです。
通信講座の学びは、時間や場所に縛られることなく、自分のペースで隙間時間に学べるので、現在の生活スタイルを大きく変える必要はありません。
また、カリキュラムがしっかり組まれているため、資格取得を目指し効率よく学習できるようになっています。

03ルーン占い師の仕事内容・主な勤務場所・年収

ルーン占い師として活躍できる仕事内容とはどんなものがあるのでしょうか。
主な勤務場所や年収を参考として紹介します。

3-1占い師

占い師はひとつの占いに特化することなく、複数の占いを利用して総合的に占いの結果を出していくという方法も多く行われています。
ルーン文字リーダーの資格を取得すると、すでに占い師としての活動している方にはスキルアップや信頼面、また占いの手数が増えるといった面で大きなプラスになります。
また、占いの結果を伝える手段や的中率などにも大きく影響してくるでしょう。
現在、占い師の活動方法は直接占うといった場面だけでなく、その活動領域は多岐に渡ります。
占いの要素を必要とする場所ではとても重宝され、雑誌やコラム、または書籍の出版など占い師として監修する仕事もそのひとつです。
占い師と言っても、雇用形態や報酬システムなどもさまざまです。
一般占い師で年収200万円〜、人気占い師で年収400万〜、テレビなどに出演する有名な占い師になるとその年収は1000万以上と大きな幅があります。

3-2アドバイザー/カウンセラー

占い師は個人的に占いを行うだけではなく、企業とも深いかかわりがある仕事です。
そもそも占いは、近い将来の悩みや未来、向かうべき方向へと導いてくれるためのツールとしても有効的に活用されています。
アドバイスをしたり問題の解決をしたりする方法として占いを利用する場面も多くあり、企業に赴き、必要な時にはアドバイザーやカウンセラーとして助言を行うこともあります。
もちろんルーン占いだけの資格でアドバイザーやカウンセラーとして通用するわけではありませんが、占いの仕事の幅を広げる資格のひとつと言えるでしょう。
アドバイザーやカウンセラーの平均年収は、約370万円〜です。

3-3講師

ルーン占いの資格や知識は、占い師として教える立場になる講師としての活動にも役立ちます。
カルチャースクールの需要も高い昨今、占いに関する講座もさまざまな場所で開催されています。
カルチャースクールの開講は、地域施設で行ったり自宅で行ったり、昨今ではオンラインで行うなどもあって需要も多く、その活動の場所はさまざまです。
講師としての活動を主軸にしている人もいますが、占い師として活動する傍ら、スクールの講師を副業として行っている方もいます。
講座の開講方法などにもよりますが、カルチャースクール講師の年収平均は、450万円前後が相場です。

04ルーン占い師としてのやりがい

ルーン占いは、長期的な未来を占うよりも、短期的な近い将来について占うのに適しています。
もし何かに迷ったり、選択に悩んだりする場合は、ルーン占いの結果を解決の糸口として役立てられます。
また、金運や恋愛運、健康運などジャンルに囚われることなく運気が占えるので、どんな悩みでもルーン占いで対応ができます。
このような特徴から状況の変化が早い段階でわかりやすく、相手の力になれたときがやりがいを感じる瞬間になるでしょう。
また、ルーン占いは「卜術ぼくじゅつ」という占いの種類に分類され、タロット占いや易占いにも共通しています。
そのため、他の占いの知識や資格を取得する時やスキルアップにも繋がる部分も多いです。
ルーン占いの知識を取得し、占い師としての仕事の幅が広がることで、より充実した占いができるようになることでそのやりがいも増大します。

05ルーン占いの代表的な資格

ルーン占いに関する代表的な資格には、どんなものがあるのでしょうか。

5-1ルーン文字リーダー

日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定している資格です。
ルーン文字の知識はもちろん、正しい占いの方法や占う際の注意事項などルーン占いの基礎から細かな部分まで理解している方に与えられる資格です。

5-2ルーン占い師

日本占い師協会(JFTA)が認定している資格です。
ルーン占い全般の知識を有し、ルーン占いの歴史からその起源までの知識が問われます。
基本的なルーン占いの知識だけでなくルーン占いにかんする幅広い知識を得た方におすすめの資格です。
資格を取得した後は、講師として活動の幅を広げられる資格です。

5-3ルーンマスター

「GIBU ALUGOD(ギブアルゴッド)」が主催している認定資格です。
4つの養成講座が用意されており、コースによってルーン占いに関する幅広い学習が選択できます。
まず、基礎コースを学ぶことが必須ですが、基礎コースの修了によって、「占い師コース」「ルーンワークコース」「ルーンマスターコース」へと学の幅を広め、深められます。
各コースを修了すると、認定証が発行されます。

06ルーン占い師になるためにおすすめの資格

ルーン占い師として活躍するのに、資格の取得は必須事項ではありません。
しかし、ルーン占いは「ルーン文字」という特殊な文字を読み、その意味を理解する必要があります。
そのため、正しく意味を理解して読み解くのは、ルーン占いを行う上で必要な条件です。
ルーン占いの資格の取得は、占いをする上での明確な知識やスキルの証明に利用でき、関連した仕事をする上で有利に働くことは間違いありません。
「ルーン占い師」として活動していくためにおすすめできる資格は、以下の2つです。

6-1ルーン文字リーダー

ルーンストーンを使って占うために必要な基礎知識と、そのためのスキルを持っていることが証明される資格です。
ルーン文字の理解はもちろん、読み解き方法や解釈をしっかり理解し、アドバイスもできる知識をスキルを認定しているので、ルーン占い師として活動していくのにまず取得したい資格です。

受験料 10.000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上
申込方法 インターネット

試験日程は、以下の通りです。

資格検定試験 2ヶ月に1回開催(2/4/6/8/10/12月)
申込期間 該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間 該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限 該当月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表 翌月の20日

認定試験は2ヶ月に1回の頻度で行われているので、すでに知識を持っている方であれば、自身のタイミングで資格試験に臨めます。
また、資格試験の頻度も高いので、取得に向けた学習計画も立てやすいでしょう。

6-2ルーン占い師

ルーン文字を使った占いに関する基礎知識を保有し、占いを行う上でのスキルを証明する資格です。
占いの基礎知識だけでなく、その歴史や起源や神話についてより深い理解が求められます。
資格取得後は、占い師としての活動だけでなく、カルチャースクールやセミナーなどでの講師活動も可能です。

受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上
申込方法 インターネット

試験日程は以下の通りです。

資格検定試験 2ヶ月に1回開催(2/4/6/8/10/12月)
申込期間 該当月の1ヶ月前の初日から末日まで
例:2月の試験の申し込みの場合は、1月1日から末日まで
試験期間 該当月の20日から25日の6日間
答案提出期限 該当月の30日必着(2月のみ28日)
合格発表 翌月の20日

ルーン文字リーダー資格と同様、2ヶ月に1回の頻度で資格試験が行われています。
知識がある方はすぐに試験に挑戦でき、忙しい方でも試験に向けての学習スケジュールが組みやすいでしょう。

07資格取得におすすめの資格講座

ルーン占いの資格を取得する方法は2通りあります。
通信講座を利用するか、資格認定協会が実施する試験を受験して合格する方法です。
協会認定の通信講座の場合、資格のための知識を効率的に学習できるようになっているため、おすすめです。
これから学びを始める初心者の方は丁寧な学習が可能で、より知識を深めたい方は自分のペースで効率良く学びを進められます。
「確実な資格取得を目標としている」「早期に資格が欲しい」などの目標がある方は、認定講座のカリキュラムの利用が最も効率の良い方法と言えます。
また、認定講座を受講すると「ルーン占い師」の資格だけでなく「ルーン文字リーダー」の資格が同時に取得できるというメリットもあります。

7-1ルーン占い師W資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「ルーン占い師W資格取得講座」は、ルーン占いに関する基礎知識はもちろん、占いに必要な知識を一通りマスターできるおすすめの資格取得講座です。
ルーン占いのプロが監修したテキストを利用し、1日30分程度の学習から始められます。
受講中は専属スタッフによる無制限の質疑応答や、学習ペースに合わせたアドバイスが受けられます。
基本講座は初期費用を抑えたいという方におすすめです。

対象となる資格 ルーン占い師
ルーン文字リーダー
受講料 59,800円
分割3,300円の20回払(初回4,276円)
受講期間 6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数 5回

基本講座は試験対策コースとして、2つの資格試験に対応したカリキュラムで学習可能です。
試験が免除になるスペシャル講座は、基本講座に卒業課題が付属しています。

対象となる資格 ルーン占い師
ルーン文字リーダー
受講料 79,800円
分割3,800円の24回払(初回3,891円)
受講期間 6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数 5回+卒業課題1回

すぐに資格を取得したい方や受験に対する不安がある方は、スペシャル講座の受講で確実な資格取得を目指すのも良いでしょう。
また、2資格を試験免除で取得できるのもスペシャル講座の特徴です。

7-2ルーン占い資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンのルーン占い資格取得講座は、「ルーン占い師」と「ルーン文字リーダー」の取得が対象です。
完全オリジナル教材を使ってルーンの基礎を学び、問題や添削課題にチャレンジして知識を定着させていきます。
基礎知識に加えて実践スキルも、十分に身につくよう学べる内容になっています。
基本コースの内容は以下の通りです。

対象となる資格 ルーン占い師
ルーン文字リーダー
受講料 59,800円
受講期間 6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数 5回

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめですが、資格試験は自分で申し込む必要があります。
プラチナコースは卒業課題の提出によって、試験免除で2資格取得できるコースです。

対象となる資格 ルーン占い師
ルーン文字リーダー
受講料 79,800円
受講期間 6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削回数 5回+卒業課題1回

自分で試験を申し込む手間と別途発生する試験費用を考えても、基本コースとプラチナコースに費用差は生じません。
資格取得を確実にしたい方は、プラチナコースの受講がおすすめです。

08ルーン占いの資格を取得して、未来の自分をプラスに変えよう!

ルーン占いは、神秘的な占いとしての魅力だけでなく、悩みや選択に迷ったときに自分を助けてくれるといった部分で非常に魅力的な占いのひとつです。
ルーン占いの知識があれば、自分の選択に迷いが生じたときや決断をしなければならない場面で、それが大きな力となってくれるでしょう。
また、ルーン占いの知識やスキルは自分のためだけでなく、身近な人にもすぐに応用できます。
たくさんの人に向けて通用する資格は、喜ばれることも多いでしょう。
そして、今後注目される占いのジャンルとして今よりも通用する場所も増え、ルーン占いの知識やスキルは持っていて損はありません。
上記で紹介した、ルーン占いに関する資格の資料請求は無料でできます。
ルーン占いの知識を手にして、自分の未来に大きく役立ててみてはいかがでしょうか。

エリアから見つける

北海道・東北
北陸
関東
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ジャンルから見つける